卦(漢字)

普及版 字通「卦(漢字)」の解説


8画

[字音] カ(クヮ)・カイ(クヮイ)・ケ
[字訓] うらかた・うらなう

[説文解字]

[字形] 形声
声符は圭(けい)。〔説文〕三下に「筮(ぜい)なり」とあり、圭とは易の爻(かこう)をしるす土版。のち木にしるした。は卜兆。卦にしるすものは筮であるが、六爻の法はもと卜兆から出ているらしく、故に字はなお卜に従う。

[訓義]
1. うらかた。
2. うらなう。
3. 掛に通じ、かける。

[古辞書の訓]
立〕卦 ウラナフ・ムラ 〔字鏡集〕卦 シルシ

[声系]
掛は卦声。もと挂に作り、〔説文〕十二上に「畫するなり」とあって、爻を画する意。〔易、辞伝上〕に字を掛に作り、挂はその省文であろう。

[熟語]
卦気卦姑卦候・卦爻卦肆卦辞・卦者卦象卦筮・卦兆卦売・卦版卦変卦理
[下接語]
按卦・陰卦・起卦・吉卦・下卦・建卦・乾卦・作卦・上卦・乗卦・成卦・筮卦・設卦・説卦・兆卦・重卦・陳卦・定卦・八卦・半卦・布卦・問卦・陽卦・立卦

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android