漢委奴国王印(読み)かんのわのなのこくおういん

百科事典マイペディア「漢委奴国王印」の解説

漢委奴国王印【かんのわのなのこくおういん】

1784年,博多湾の志賀島(しかのしま)で発見された。《後漢書(ごかんじょ)》に,57年光武帝が倭奴国の使節に印綬(天子が臣下に与える綬(くみひも)の付いた印)を与えたとあり,この印はそのたぐいと考えられる。純金製で金印とも呼ばれる。〈漢委奴国王〉と陰刻。奴国は博多付近の小国家で後の儺県(なのあがた)。文献と現物の一致する重要史料だが,偽物もある。
→関連項目印章志賀島奴国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「漢委奴国王印」の解説

漢委奴国王印
かんのわのなのこくおういん

1784(天明4)年,福岡県の志賀島から発見された金印
方約2.3㎝,総高2.2㎝,重さ108.73gの純金で,農民により発掘された。『後漢書』東夷伝に記載されている,57年光武帝が奴国王の朝貢に対し授与した印と推定される。文字の形式などから後世の偽物とする説もあるが,文献と遺物の一致した例と考えてよい。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「漢委奴国王印」の解説

漢委奴国王印
かんのわのなのこくおういん

18世紀に福岡県志賀島で発見された金印
『後漢書』東夷伝中における,倭の奴国が光武帝に朝貢した記事と対応するものと考えられる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の漢委奴国王印の言及

【倭奴国王印】より

…《後漢書》にみえる光武帝が建武中元2年(57),倭奴国王に贈ったとされる金印。1784年(天明4)2月23日,博多湾志賀島で百姓甚兵衛が水田の溝を修理していたところ,二人持ちの大石が現れ,これを掘り起こすと金印が出てきたと伝えられる。当時福岡藩の藩校甘棠(かんとう)館の祭酒(校長)であった亀井南冥はこれを鑑定し,実物であることを主張,《金印弁》を著している。その後,金印は黒田家所蔵となったが,近年福岡市に寄贈された。…

※「漢委奴国王印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android