原単位(読み)げんたんい(英語表記)basic unit

  • unit
  • げんたんい ‥タンヰ
  • げんたんい〔タンヰ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生産物1個,あるいは一定の生産物をつくるために必要とされる原材料燃料,あるいは所要時間などの数量。たとえば銑鉄 1tをつくるために必要なコークスの量を示すコークス比はエネルギー原単位としてその代表的なものである。原単位は企業の原価計算や合理化計画などの基礎となる概念で,原単位が低くなればなるほど,それだけ生産が合理的に行われていることを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

製品1単位の生産に標準的に必要な投入物の数量をいい,〈原単位〉を一定の尺度で数量計算することを〈原単位計算〉という。たとえば,粗鋼1tの製造に必要とされる鉄鉱石・コークス・重油等の数量や労働時間などが,各投入物についての原単位である。原単位は原価計算における標準原価の算定基礎として重要な概念であるが,そのほかにも,相異なる技術の水準を相互に比較するための基準として利用される。たとえば,日本の製鋼技術の優秀性は,コークス原単位(コークス比(kg/t)=コークス÷銑鉄)の他国に比べての低水準として現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

製品の一定量を生産するのに必要な各生産要素(原料・動力・労働力など)の量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 製品一単位当たりに要する原材料、労働、経費などの各生産要素の標準投入量。製鉄での銑鉄一トン当たりのコークス使用量、紡績での綿糸一梱(こり)に要する綿花消費量など。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

1単位の製品を生産するのに要する原材料,電力,蒸気,用水,熱(燃料),労働力などの量をいう.原材料に関しては原料原単位,電力,蒸気,用水,熱などに対してはユーティリティ原単位ともいう.多くの化学製品については実績にもとづいて公表されている.これらは製造原価などを推定するのに用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原単位の関連情報