コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原単位 げんたんいbasic unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原単位
げんたんい
basic unit

生産物1個,あるいは一定量の生産物をつくるために必要とされる原材料や燃料,あるいは所要時間などの数量。たとえば銑鉄 1tをつくるために必要なコークスの量を示すコークス比はエネルギー原単位としてその代表的なものである。原単位は企業の原価計算や合理化計画などの基礎となる概念で,原単位が低くなればなるほど,それだけ生産が合理的に行われていることを意味する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐たんい〔‐タンヰ〕【原単位】

鉱工業製品の一定量を生産するのに必要な、原材料・労働力動力などの標準的な分量

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんたんい【原単位】

製品1単位の生産に標準的に必要な投入物の数量をいい,〈原単位〉を一定の尺度で数量計算することを〈原単位計算〉という。たとえば,粗鋼1tの製造に必要とされる鉄鉱石・コークス・重油等の数量や労働時間などが,各投入物についての原単位である。原単位は原価計算における標準原価の算定基礎として重要な概念であるが,そのほかにも,相異なる技術の水準を相互に比較するための基準として利用される。たとえば,日本の製鋼技術の優秀性は,コークス原単位(コークス比(kg/t)=コークス÷銑鉄)の他国に比べての低水準として現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんたんい【原単位】

製品の一定量を生産するのに必要な各生産要素(原料・動力・労働力など)の量。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

原単位の関連キーワードインダストリアル・エンジニアリングエミッションファクター総量方式と原単位方式エネルギー消費原単位エネルギー資源セメント工業省エネルギー塑性加工潤滑工業標準化法耐火れんが計数管理鉄鋼業原料灌漑平炉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原単位の関連情報