原爆ドーム(読み)げんばくドーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広島市中区にある被爆によって大破した建築物。チェコスロバキアのヤン・レツルが 1913~14年に設計し,広島県物産陳列館として建設され,のちに産業奨励館となる。ドームをもった印象的な建物であった。 1945年8月6日,史上初めての原子爆弾投下によって,その爆風と熱のためにドームの鉄骨がむき出しになった。その形から原爆ドームと呼ばれている。「悲惨な思いがよみがえる」として取り壊すもあったが,1966年広島市議会は永久保存決議した。保存工事費用は全額募金でまかなうこととし,当時の浜井信三市長が先頭になって街頭募金活動を行なった。保存工事は 1967年に完了。 1996年には「平和の象徴」として周囲の敷地 0.39haを含め世界遺産 (文化遺産) として登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1915(大正4)年、広島県物産陳列館として完成した。設計はチェコ出身の建築家ヤン・レツル(1880~1925)。れんが造り3階建てで、正面中央の階段部分は5階建て。33年、県産業奨励館に改称。45年8月6日午前8時15分、米国が投下した原爆が南東約160メートルの上空約600メートルで炸裂(さくれつ)し、当時館内にいた約30人が死亡した。66年7月、広島市議会が全会一致で保存を決議。96年に世界遺産に登録された。

(2020-06-04 朝日新聞 朝刊 広島全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

広島市中区大手町にある旧広島県産業奨励館。チェコのヤン・レツル設計。1945年8月6日この上空で原子爆弾が炸裂,鉄骨をさらし当時の惨状を伝える。戦災復興が進むなか,原爆ドームの存廃の議論が巻き起こったが,1949年に原爆ドームを中心とする公園の概要が決まり,1953年広島県から広島市へ譲与された。さらに,1966年広島市議会は永久保存を決議し,被爆地広島と世界平和の象徴となっている。1995年6月国史跡に指定,1996年世界文化遺産に登録。
→関連項目川田喜久治世界遺産条約中[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

1996年に登録された日本の世界遺産(文化遺産)で、広島市中心部の元安川の川沿いにあり、川をはさんだ南側に平和記念公園がある。元は、チェコ人の建築家ヤン・レツルによって設計され、1915年に竣工した「広島県産業奨励館」の建物で、中央に高さ25mのドーム部がある、地上3階、地下1階のレンガ造り。ネオバロック風のモダンな建物だった。1945年8月6日の午前8時15分、この建物の南東上空約580mで原子爆弾が炸裂。建物はすさまじい熱線に包まれ、その直後に猛烈な爆風に襲われて一気に崩壊したとされる。わずかに、中央のドーム部分を中心とした外壁を残し、建物の本体部分はほぼ全壊した。現在、残った建物は人類史上初めて使用された核兵器による負の遺産で、人類の平和を願うシンボルとしての価値が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHiroshima Peace Memorial(Genbaku Dome)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広島市中区の太田川河畔にある原爆被災を象徴する建物。旧広島県産業奨励館で、1945年(昭和20)8月6日、史上最初の原子爆弾はこの建物の南東50メートルの地点に落とされた。建物は1914年(大正3)に旧チェコスロバキアの建築家ヤン・レツルによって設計され、ドームがエキゾチックで印象的であった。原爆によりドームの鉄骨がむき出しになり、いつともなく原爆ドームとよばれるようになり、被爆都市広島のシンボル化した。その後ドームの風化が進み、市議会は1966年にドームの保存を決議した。当時の市長浜井信三は工事費の全額を募金でまかなうこととし、市長自身も東京で街頭募金を行った。募金目標の4000万円に対し、全国から6600万円余が集まり、保存工事は1967年に完成した。1989年10月2回目の保存工事が開始され、翌年3月終了した。募金は目標額を大きく超える4億円余も集まった。1996年(平成8)には、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産)。

[北川建次]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

(広島県広島市中区大手町1-10平和記念公園内)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。
(広島県広島市中区大手町1-10)
世界遺産」指定の地域遺産。
原爆ドームは1915(大正4)年に建設された広島県物産陳列館のことで、チェコの建築家ヤン・レツル(1880-1925)の設計。鉄筋コンクリート造り3階建、一部5階建(ドーム)。噴水池をもつ洋風庭園や、和風庭園も整備されていた。産業奨励だけでなく、会場を提供することで博物館・美術館の役割も果たし、広島の文化振興の場として大きな役割を担っていた。1921(大正10)年に広島県立商品陳列所、1933(昭和8)年からは広島県産業奨励館と改称された。1945(昭和20)年8月6日の原子爆弾により、爆心地から北西約160mの至近距離にあった建物は大破・全焼した。戦後、いつしかこの残骸が「原爆ドーム」と呼ばれるようになった。被爆後の状況をそのまま保存することを目的として1967(昭和42)年度に保存工事が行われた。その後も保存工事が行われている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(ドームはdome) 広島市中区にある建物。昭和二〇年(一九四五)八月六日の原子爆弾被爆地域の中心にあり、旧産業奨励館の残骸(ざんがい)で、当時の惨状を後世に伝えるために保存されている。世界遺産。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原爆ドームの関連情報