コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田慶吉 ハラダケイキチ

4件 の用語解説(原田慶吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はらだ‐けいきち【原田慶吉】

[1903~1950]法学者。兵庫の生まれ。東大教授。ユスティニアヌス法典ハムラビ法典の研究で知られる。著作に「楔形(くさびがた)文字法の研究」「ローマ法」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田慶吉 はらだ-けいきち

1903-1950 昭和時代の法学者。
明治36年7月30日生まれ。春木一郎のもとでローマ法を研究。楔形(くさびがた)文字法,パピルス学などもおさめた。昭和14年東京帝大教授。戦後,日本法制史学会の初代代表理事をつとめた。昭和25年9月1日死去。47歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「楔形文字法の研究」「ローマ法の原理」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

はらだけいきち【原田慶吉】

1903~1950) 法学者。神戸生まれ。東大教授。比較法的研究を進め、古代法、特にユスティニアヌス法典とハンムラピ法典の研究で知られる。著「楔形文字法の研究」「ローマ法」「日本民法典の史的素描」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原田慶吉
はらだけいきち
(1903―1950)

ローマ法学者。東京帝国大学教授。同大学に学び、春木一郎、中田薫(かおる)に師事した。ドイツでは、コシャーカーP. Koschakerのもとで、とくに『学説彙纂(いさん)』の法文が、真にローマの法学隆盛時代のものかどうかの研究に本格的に取り組みつつ、ローマ法学が今日の法律学にいかに寄与すべきかという観点から法典、法原則の成り立ちを、徹底した実証的手法で歴史的に追究した。また、固有のローマ法を明らかにするため、楔形(くさびがた)文字法、パピルス学、アッシリア学を修め、この分野で日本における先駆者として研究の視野を拡大し、日本のローマ法学の水準を高めるため決定的役割を果たした。第二次世界大戦後、日本法制史学会の設立にあたっては、初代の代表理事を務めた。主著に『ローマ法』『楔形文字法の研究』『ローマ法の原理』『日本民法典の史的素描』などがある。[佐藤篤士]
『『ローマ法』(1949・有斐閣) ▽『楔形文字法の研究』(1949・弘文堂) ▽『日本民法典の史的素描』(1954・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原田慶吉の関連キーワード江川英文杉山直治郎鴻常夫折茂豊木村亀二野田良之野村淳治花見忠広浜嘉雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone