コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田慶吉 ハラダケイキチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田慶吉 はらだ-けいきち

1903-1950 昭和時代の法学者。
明治36年7月30日生まれ。春木一郎のもとでローマ法を研究。楔形(くさびがた)文字法,パピルス学などもおさめた。昭和14年東京帝大教授。戦後,日本法制史学会の初代代表理事をつとめた。昭和25年9月1日死去。47歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「楔形文字法の研究」「ローマ法の原理」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらだけいきち【原田慶吉】

1903~1950) 法学者。神戸生まれ。東大教授。比較法的研究を進め、古代法、特にユスティニアヌス法典とハンムラピ法典の研究で知られる。著「楔形文字法の研究」「ローマ法」「日本民法典の史的素描」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原田慶吉
はらだけいきち
(1903―1950)

ローマ法学者。東京帝国大学教授。同大学に学び、春木一郎、中田薫(かおる)に師事した。ドイツでは、コシャーカーP. Koschakerのもとで、とくに『学説彙纂(いさん)』の法文が、真にローマの法学隆盛時代のものかどうかの研究に本格的に取り組みつつ、ローマ法学が今日の法律学にいかに寄与すべきかという観点から法典、法原則の成り立ちを、徹底した実証的手法で歴史的に追究した。また、固有のローマ法を明らかにするため、楔形(くさびがた)文字法、パピルス学、アッシリア学を修め、この分野で日本における先駆者として研究の視野を拡大し、日本のローマ法学の水準を高めるため決定的役割を果たした。第二次世界大戦後、日本法制史学会の設立にあたっては、初代の代表理事を務めた。主著に『ローマ法』『楔形文字法の研究』『ローマ法の原理』『日本民法典の史的素描』などがある。[佐藤篤士]
『『ローマ法』(1949・有斐閣) ▽『楔形文字法の研究』(1949・弘文堂) ▽『日本民法典の史的素描』(1954・創文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

原田慶吉の関連キーワード昭和時代市民法原田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android