喧嘩腰(読み)けんかごし

精選版 日本国語大辞典「喧嘩腰」の解説

けんか‐ごし ケンクヮ‥【喧嘩腰】

〘名〙 今にも喧嘩をしかけるように、くってかかる態度。喧嘩をしようとするような意気込み。
※歌舞伎・鶴千歳曾我門松(野晒悟助)(1865)序幕「それぢゃあこんたは初めから、喧嘩腰(ケンクヮゴシ)で呼んだのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喧嘩腰」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android