コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口唇期 コウシンキ

6件 の用語解説(口唇期の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐き【口唇期】

精神分析用語。小児性欲の発達の第一段階。乳首などを吸う行為によって、その刺激で口唇に快感を得ている、生後18か月ぐらいまでの時期。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

口唇期【こうしんき】

英語oral stage,ドイツ語orale Stufeなどの訳。フロイトリビドー発展理論における第1段階。母の乳房を吸う口唇・口腔の働きが乳児に性的快感をもたらす時期で,生後1年半くらいまでの時期に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうしんき【口唇期 oral stage】

S.フロイトリビドー発達理論における第1段階。口愛期とも言う。乳児が母の乳房をふくみ,乳を吸うという口唇,口腔領域の働きが乳児に主要な快感をもたらす時期で,生後1年半くらいまでがこの時期に相当する。口の吸引活動に伴う快感をフロイトは人間の最初の性的快感と考えたのである。その証拠として,フロイトは,乳児が満腹時でも吸引活動を示すこと,やがて指しゃぶりに没頭すること,成人の性生活においても口唇と口腔が大きな役割を演じることなどを挙げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうしんき【口唇期】

フロイトの唱えた、小児の性欲の発達の第一段階。乳首を吸うなど口唇による快感をもっぱらとする時期。生後一八か月ぐらいまでとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口唇期
こうしんき

口愛期」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口唇期
こうしんき
oral phase

フロイトの精神分析の性心理的発達の第1段階で、誕生から1歳半くらいまでの時期のことをいう。生物的にまったく無力な状態で生まれる乳児は、母親からの授乳によって生命を維持するが、この授乳による口唇の刺激は満足感を引き起こすものであり、これが幼児性欲をつくりあげる契機となる。このフロイトの性心理的発達説を心理社会的発達説としてとらえ直したエリクソンによれば、母親から十分に世話をしてもらい満足した乳児は他者に対する基本的信頼感や自己の能力について自信をもつようになる。
 極度の不満や過剰の愛情を経験した乳児は、性心理的発達が口唇期に固着し、口唇性格がつくられ、外界に対して受動的、依存的になり、人から愛情を与えられることに過度の関心をもち、自己愛的な人格になる。食べ物に対し病的な欲望をもち、対人関係の病理が、拒食症や過食症などの摂食障害として現れることもある。アブラハムは口唇期を前期と後期に分け、後期をとくに口唇加虐期とよんでいる。これは乳児に歯が生えるとともに、口唇活動が攻撃的になることを意味しているからである。
 一般に口唇活動は、食べること(愛すること)が必然的に破壊すること(憎むこと)につながるように、両価的(両面感情的)である。また自他が未分化であるため、のみこむことがのみこまれること、攻撃することが攻撃されることをも意味する。[川幡政道]
『E・H・エリクソン著、仁科弥生訳『幼児期と社会』(1977・みすず書房) ▽カール・アーブラハム著、下坂幸三・前野光弘・大野美都子訳『アーブラハム論文集――抑うつ・強迫・去勢の精神分析』(1993・岩崎学術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の口唇期の言及

【精神分析】より

…上のようなフロイトの心的装置論は,今日の精神分析においてもおおむね継承されているが,新生児が混沌たるエスの塊であるという見方は疑問視されており,自我はきわめて早期に形成されてくるという見方が有力となった。 〈口唇期〉にはじまり〈肛門期〉〈男根期〉〈潜伏期〉を経てついに〈性器期〉に統合されるというフロイトの唱えた精神性的発達理論は,性愛の発達を核心に据えた一つの発達心理学である。フロイトは,口唇や肛門が対象――精神分析用語で人間対象を意味し,一個の人間全体は全体対象であり,乳房やペニスは部分対象である――との接触(たとえば授乳時の口唇)において,ないしはそれ自体の機能(たとえば便をためこんで排出するさいの快感)として,エロティックな機能を本来そなえていると同時に,これらの器官の機能を通して養育者に対する陰陽種々の感情がはぐくまれることに着目した。…

【幼児性欲】より

…すなわち乳児は空腹でないときでもおしゃぶりで栄養をとるさいの動作を反復して,深い満足を味わう。おしゃぶりはやがて指しゃぶりに発展し,また自慰と結合することすらある(口唇期)。また大便の通過による肛門部への粘膜刺激も快感となる。…

※「口唇期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

口唇期の関連キーワード肛門期固着新フロイト派ユングリビドーフロンガスフロイラインサトクリッフの発達理論フロイト主義精神性的発達理論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口唇期の関連情報