コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼児性欲 ようじせいよくinfantile sexuality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幼児性欲
ようじせいよく
infantile sexuality

S.フロイトは幼児にも性欲の活動がみられると考え,これを幼児性欲と名づけた。幼児性欲は性的ではあるが,性器的ではなく,その性感帯自己保存の本能的な活動をする器官と一致している。すなわち,おしゃぶりに代表される口愛,排便を快感とする肛門愛,身体の洗浄や摩擦で感じる快感などが日常的に観察される。3~5歳頃には性に関する好奇心が高まる。やがて自分以外の人間に対する性欲が芽生えるが,最初は男女いずれにとっても母親が対象になる。次いで異性の親が対象になるが,やがて禁止,抑圧されて,潜伏期に入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようじせいよく【幼児性欲 infantile sexuality】

S.フロイトの性欲についての中心理論の一つ。フロイトは人間の性の欲求の発達は,乳幼児期からすでにはじまると考えた。乳児の吸乳行為は,本来は栄養衝動に根ざしているが,この本能としての食欲に依存しながらも,これに伴う口唇・口腔器官の快感が二次的にも独立してくる。すなわち乳児は空腹でないときでもおしゃぶりで栄養をとるさいの動作を反復して,深い満足を味わう。おしゃぶりはやがて指しゃぶりに発展し,また自慰と結合することすらある(口唇期)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の幼児性欲の言及

【異常性欲】より

…異性愛に移行する前にはなんぴとにも一時的に多少なりとも同性愛的傾向が生じることは精神分析ならびに発達心理学の教えるところでもある。フロイトの見方に立てば,性の質的異常を呈する者は,幼児性欲の段階に固着している者であるといえよう。 性欲の量的異常としては,性欲の減退と性欲の亢進とがある。…

【性欲】より

…人間の性欲形成,発達の背景には心理的なエロスの発達,性的感覚の発達そして性的能力の成熟の3者が一体となった展開があるといえる。【熊本 悦明】
[性欲と人格の発達]
 精神分析学は成人の性行動に前駆する幼児性欲の存在を主張した。そこでは口唇,肛門,尿道,皮膚,筋肉などの活動に伴う満足は,一種の性的快感とみなされる。…

※「幼児性欲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幼児性欲の関連キーワードオートエロティズムフロイト主義フロイト学派ペニス羨望器官快楽ホーナイ初期経験精神分析性器期

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android