コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口座振替 こうざふりかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口座振替
こうざふりかえ

自動振替ともいう。金融機関の一種の支払代行業務で,預金者の依頼に基づいて公共料金その他指定する種目の代金を預金口座から自動的に引落して,収納企業の預金口座へ振込む手続をいう。この方法は 1955年に日本電信電話公社電話料金の支払方法として採用されたことに始る。支払方法は預金者が支払先および取引銀行に対して口座振替のための所定の手続をすることにより,以後は支払先からの請求書は直接取引銀行に送付され,銀行は預金者の口座から払戻請求書なしに自動的に請求額を引落し,請求先へ入金の手続を行う。この制度の採用によって徴収事務が簡素化され,しかも収納が確実に行えることから,その後急速に発展し,現在では NHK受信料,電気・ガス・水道料金,住宅公団の家賃などの公共料金,生命保険料クレジットカード会社への支払いから,国税・地方税の納税にまで及んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうざ‐ふりかえ〔‐ふりかへ〕【口座振替】

金融機関で預金者の依頼により、支払い指定日に電気・ガス・水道・電話などの料金や税金などを預金者の口座から自動的に引き落として徴収者の口座に振り込み、支払いを済ませる金融機関のサービス自動振替

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口座振替の関連情報