コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川薫 フルカワカオル

3件 の用語解説(古川薫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふるかわ‐かおる〔ふるかはかをる〕【古川薫】

[1925~ ]小説家。山口の生まれ。出身地である長州の幕末・維新期を、綿密に集めた史料に基づいて描いた硬派の歴史小説で知られる。「漂泊者のアリア」で直木賞受賞。他に「走狗(そうく)」「暗殺の森」「高杉晋作」など。歴史に関する読み物も数多く執筆している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川薫 ふるかわ-かおる

1925- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年6月5日生まれ。山口新聞編集局長をつとめ,昭和45年文筆生活にはいる。下関市にすみ,長州の歴史と人物を題材にした歴史小説を多数発表,平成3年「漂泊者のアリア」で直木賞をうけた。山口県出身。山口大卒。作品はほかに「走狗」「空飛ぶ虚ろ舟」「毛利軍記」「斜陽に立つ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古川薫
ふるかわかおる
(1925― )

小説家。山口県下関市生まれ。山口大学教育学部卒業後、1年間の教員生活を経て、山口新聞社に入社。編集局長まで務めて1970年(昭和45)に退社し、文筆生活に入る。小説は20代のころから書いていたが、佐木隆三によれば、新聞記者時代に「スペインへ出張して、なぜか消息を断ち、9カ月後にひょっこり帰国」(文春文庫吉田松陰の恋』解説)して以後、突如として旺盛(おうせい)な創作活動を始めたという。65年、同人誌『午後』に発表した「走狗(そうく)」が『文学界』の同人誌推薦作として転載され、直木賞の候補となる。オペラ歌手藤原義江の生涯を描いた『漂泊者のアリア』(1990)で、第104回直木賞を受賞。候補になること実に10回目にしての栄冠であった。この候補回数は、受賞時の年齢(65歳7か月)とともに2003年(平成15)現在までの直木賞最高記録である。
 受賞のことばで彼は「初めて候補に挙げられてから25年の歳月が流れました。それは非才の身で大きな賞をいただくのに必要な時間でした。この長距離ランナーにとって、直木賞は終始きびしい激励の声をかけてくれる伴走者でしたので、私は決して孤独ではありませんでした」としみじみ喜びを語った。
 ちなみに、古川のそのほかの直木賞候補作品を列挙すると、1973年「女体蔵志(にょたいぞうし)」、74年「塞翁(さいおう)の虹」、77年『十三人の修羅』、78年「野山獄相聞抄(のやまごくそうもんしょう)」、80年「きらめき侍」「刀痕記」、81年『暗殺の森』、88年『正午位置(アット・ヌーン)』、89年『幻のザビーネ』の各編である。
 下関在住の古川は、博多の白石一郎、佐賀の滝口康彦(1924―2004)と並んで、時代小説における地方在住作家の雄として知られる。彼らはその強みを生かし、生まれ育った土地とそこで活躍した人物を描くことで、郷土の歴史を確かめると同時に独自の文学世界を構築していった。古川の場合、幕末から明治維新にかけて、動乱の時代を生きた長州人たちを主人公にした作品で、徐々に地歩を固めていった。だがその後、しだいに領域を広げていった古川は、幕末維新ものに限らず、積極的に新たな試みを行うようになる。長州藩が秘匿した中山忠光(ただみつ)暗殺事件の謎を、現代の新聞記者が追求する形をとった『暗殺の森』や、歴史推理に真正面から取り組んだ『源氏物語夕顔殺人事件』(1983)。あるいはスペインのカナリア諸島を舞台に、日本人漁船員の殺人事件を追う主人公がスペイン女性との愛に耽溺(たんでき)する『正午位置』、同僚の変死によって日本を追われたエリート・サラリーマンが、ハンブルクの街でかつて文通していたドイツ人女性を探す『幻のザビーネ』などの現代小説もそうした意欲の表れであった。しかし、こうした多彩な作品を送り出しながら、原点である歴史小説への志向を忘れることはなく、次々と新たな作品を生み出している。[関口苑生]
『『暗殺の森』(1981・講談社) ▽『源氏物語夕顔殺人事件』(1983・新潮社) ▽『正午位置』(1988・文芸春秋) ▽『幻のザビーネ』(1989・文芸春秋) ▽『吉田松陰の恋』『漂泊者のアリア』(文春文庫) ▽『十三人の修羅』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古川薫の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎重兼芳子三田誠広石和鷹稲見一良宗谷真爾椿実広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古川薫の関連情報