古殿[町](読み)ふるどの

百科事典マイペディアの解説

古殿[町]【ふるどの】

福島県南東部,石川郡の町。1994年東白川郡から編入。全町阿武隈(あぶくま)高地中の山地で,鮫川沿いに低地があり,主集落竹貫(たかぬき)がある。米,コンニャク,山菜,ネギを産し,造林が盛んで製材畜産も行う。東日本大震災で,町内において被害が発生。163.29km2。6030人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふるどの【古殿[町]】

福島県南東部,石川郡の町。人口7348(1995)。1994年東白川郡から石川郡へ編入。阿武隈高地南部の山中にあり,町域の大部分山林におおわれ,東流する鮫川とその支流太平川沿いにわずかに耕地が開ける。中心集落の竹貫(たかぬき)は,近世幕府の代官所が置かれたこともあり,中通りと浜通りを結ぶ御斎所街道の宿駅でもあった。源義家が安倍氏追討の際に請したと伝えられる竹貫郷の総鎮守,古殿八幡神社があり,町名もこれに由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android