コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河太四郎 ふるかわたしろう

3件 の用語解説(古河太四郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古河太四郎
ふるかわたしろう

[生]弘化2(1845).3. 京都
[没]1907.12.
近代盲聾教育の創始者。漢学塾の教師の4男に生れ,1873年小学校教師となり,たまたま姉弟2人の聾唖児に接したのが機縁で 78年に日本最初の盲唖学校である京都盲唖学院を設立。翌年この学校は京都府に移管され,彼は監事兼助教となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古河太四郎 ふるかわ-たしろう

1845-1907 明治時代の教育者。
弘化(こうか)2年2月20日生まれ。明治2年小学校教師となり,視聴覚障害者教育をこころざす。11年京都に日本初の盲唖(もうあ)院を設立。こより文字の工夫や指文字の指導など,独創的な教育法を考案,実践した。33年大阪盲唖院長。明治40年12月26日死去。63歳。京都出身。姓は古川ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふるかわたしろう【古河太四郎】

1845~1907) 教育者。京都の人。1878年(明治11)日本最初の盲聾学校である京都盲啞院を創設し院長を務める。盲聾教育の確立に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古河太四郎の関連キーワード生駒東太梅田千代尾原惣八滋賀莱橋西田千太郎野村綱雛田千尋武藤良由本沢竹雲吉成就子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone