教具(読み)きょうぐ(英語表記)teaching tool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「教具」の解説

教具
きょうぐ
teaching tool

学習を具体化,直観化し,効果的にするために工夫された道具。その発達は教育技術を著しく進歩させた。教科書,参考書,ワークブック黒板,掛図,標本,スライド,ラジオ,テレビジョン,テープレコーダなどは最も代表的なもの。教具は教科の性質,授業形態によりきわめて多様であるが,視聴覚教具,各種の実験,作業に用いる作業教具の改良発達は著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「教具」の解説

きょう‐ぐ ケウ‥【教具】

〘名〙 教育の方法、手段として使用される道具。黒板、掛け図、標本、模型、映画、テレビなど視聴覚教具のように教師の用いるもののほか、児童・生徒が使用する教科書、運動用具、玩具人形などを含めることもある。教弁。教弁物(きょうべんぶつ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「教具」の解説

きょうぐ【教具】

教育内容を効果的に獲得させるために教授=学習過程で用いられるもので,教育的にくふうされた具体物をいう。教具は用途によっていくつかに分類される。まず第1には,同時に多くの者が効率よく学習できることである。近代教育のといわれるコメニウスが作った母国語による教科書《世界図絵》(1658)はこの典型であろう。さらには広く普及している黒板や掛図があり,最近ではティーチング・マシンやコンピューターによる教育機器の開発も盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の教具の言及

【玩具】より

…一方,外国においても,玩具を表す言葉,たとえば英語のtoyには〈くだらないもの〉,フランス語jouetには〈わらいものになる〉という意味がある。18世紀ころから,子どもの人権を認める風潮がしだいに生まれ,玩具の教育的意義づけがされる中で,ドイツのF.フレーベルは自らの考案した玩具を〈ガーベGabe(恩物)〉と呼んだり,イタリアのM.モンテッソリはやはり自ら開発した玩具を〈マテリアmateria(教具)〉と表現したりした。日本でも,明治中期に〈教育玩具〉という言葉が生まれている。…

【教材】より

…教育の目標を達成するためにさまざまな文化の中から選ばれたり新しくつくりかえられたりしてできた素材のこと。〈教具〉と区別して用いる場合には,教育内容の側面に注目した文化材としてとらえるが,教材・教具と一括して用いるように実際には両者の区分は明確ではない。たとえば義務教育費国庫負担法による教材基準では,同法の経費援助を受けられる教材とは,ほとんどが教具のことをさしている。…

※「教具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android