コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古照遺跡 こでらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

こでらいせき【古照遺跡】

愛媛県松山市西郊にある古墳時代(4~5世紀)の堰堤遺跡。1972年,下水処理場建設工事で発見,当初埋没家屋と誤認されたが,発掘の結果,幅13m,24m,8mの3ヵ所の用水確保のための堰の遺構であることがわかった。堰は流れに直交する方向に杭列を打ち,その上流側に径15cmほどの丸太を横に渡し,これに合掌状に径数cmの材を流路方向にかぶせた堰堤で,その上流側に用水の取入口が設けられていた。一部建築廃材を使用し,これから古墳時代建築の復原もなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古照遺跡
こでらいせき

愛媛県松山市南江戸町にある古墳時代初頭の井堰(いぜき)遺構。1972年(昭和47)建設工事中にみつかり、弥生(やよい)時代の埋没住居と報道されたが、翌年の本格的な発掘調査によって、4世紀代に築かれた農業灌漑(かんがい)用の、2基の大型井堰であることがわかった。堰は大小の丸太多数と若干の建築転用材を組み上げたもので、第1堰は東から西への流路に直角方向に設けられ、全長13.2メートル、高さ1.1メートルの規模をもつ。第2堰は前者の東10メートルにあり、南東から北西への支流に東西方向に設けられたもので、全長23.8メートル、高さ0.9メートルある。その後、第2堰のさらに南で小さな堰が1基発見された。いまのところ、これらの堰に付属した取水口など不明であるが、農業土木史上貴重な遺構である。堰に使用の転用材から当時の高床倉庫が図上復原された。[工楽善通]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

古照遺跡の関連キーワード愛媛県松山市南江戸町伊予国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android