コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司命 しめい

大辞林 第三版の解説

しめい【司命】

生殺の権を持つもの。また、たのみとするもの。 「医は-の職と云つて、人の死生の繫る所だから、責任は重い/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しめい【司命 sī mìng】

中国において,本来,北斗七星の魁(かい)(桝(ます)の部分)の上方にある星座文昌宮六星の第4星を司命という。古来人間の寿命をつかさどる天神と考えられ,《楚辞》九歌には大司命,少司命の2神が見え,文昌宮第5星の司中,第6の司禄とともに祭祀の対象とされた。とくに道教では人間の寿命台帳を管理し,人間の行為の善悪を監視する三尸虫(さんしちゆう)や竈神かまどがみ)の報告に基づいて寿命の増減を行う神と考えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

司命の関連キーワード道教/道教の神々泰山府君祭太上感応篇伊沢蘭軒黄道吉日九歌図宝積寺白毫寺五礼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android