コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司忠 つかさ ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

司忠 つかさ-ただし

1893-1986 昭和時代の実業家。
明治26年10月5日生まれ。39年丸善に見習生としてはいり,昭和15年取締役。22年社長となり,ワンマン独裁を宣言。洋書部門の再建につとめ,洋書の海賊版取り締まりのための著作権法改正に尽力した。東京商工会議所副会頭。昭和61年5月1日死去。92歳。愛知県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

司忠
つかさただし
(1893―1986)

実業家。愛知県生まれ。1906年(明治39)高等小学校卒業後、丸善に入社。大阪支店販売課長、名古屋支店長を経て、39年(昭和14)本店(東京・日本橋)支配人に就任。取締役、専務を経て、47年社長に就任。71年会長となる。洋書を中心とする業務を拡充して丸善の発展に貢献した。東京商工会議所副会頭、東京文化会館運営審議会会長などを務め、経済、文化の広い分野で活動した。[前田和利]
『日本経済新聞社編・刊『私の履歴書 経済人12』(1980)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

司忠の関連キーワード早矢仕有的昭和時代鷹司信房経済人薩摩国源義朝実業家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司忠の関連情報