コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合同行為 ゴウドウコウイ

4件 の用語解説(合同行為の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごうどう‐こうい〔ガフドウカウヰ〕【合同行為】

二人以上の各当事者が共同の目的のために表示した意思の合致により、法律上有効な一つの意思として成立する法律行為。通常、社団法人設立行為総会決議などをいう。→契約単独行為双方行為

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごうどうこうい【合同行為】

団体設立行為や総会の決議のように多数の当事者の意思が同一方向にむけて合同することによって,その意思内容に従った法律上の効果を生じさせる行為である。法律行為の一類型で,その要素となっている意思表示の態様からみると,単独行為契約と異なり,同一の方向を有する2個以上の意思表示が合致することによって成立する法律行為である。協定行為ともいわれる。2人以上の人の意思が存在する場合で,その意思に従った法律効果が認められる場合というのは種々存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごうどうこうい【合同行為】

法人の設立行為など、複数の者による同一の権利・義務の変動を目的として、集団的意思表示をもって共同で行う法律行為。 → 単独行為双方行為

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合同行為
ごうどうこうい

社団法人の設立などに向けられた複数の当事者の法律行為をいう。法律行為は、契約、単独行為、合同行為に分類される。合同行為は、複数の当事者の意思表示から成り立つ点では契約と同様であるが、契約においては、売買契約にみられるように当事者の一方と他方の利益が相反する。これと異なり、合同行為においては、法人の設立という同じ目的のために複数の当事者の意思表示が向けられる。1892年にドイツの学者クンツェKuntzeが、契約と合同行為との区別を提唱し、日本でもそれが通説となり、法律行為に関する規定(錯誤に関する民法95条、詐欺・強迫に関する民法96条、双方代理に関する民法108条など)はかならずしも全面的に適用されないとされる。しかしこれを契約と区別すべきでないとの批判説もある。[川井 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の合同行為の言及

【法律行為】より


[法律行為の種類]
 法律行為は種々な標準によって種類わけが行われる。意思表示の態様によって,1人1個の意思表示で成立するものは単独行為,同方向の2個以上の意思表示の合致によって成立するものは合同行為,対立する2個以上の意思表示の合致によって成立するものは契約である。意思表示の形式として,例えば書面の作成を必要とするのが要式行為,一定の形式を必要としないのが不要式行為で,後者が原則である。…

※「合同行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合同行為の関連キーワード単独行為継続会設立行為普通決議国際連合総会決議国連決議総会決議書面決議裁判員制度を巡る弁護士会の動き世界遺産委員会の決議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone