吉田家(読み)よしだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「吉田家」の解説

吉田家
よしだけ

京都吉田神社祠官。本姓は卜部 (うらべ) 氏亀卜をもって神祇官に仕えたが,平安時代中期,兼延の頃から吉田神社の祠官に任じ,のちこれを継承するにいたり,南北朝時代兼煕のとき吉田家を称した。傍系に『徒然草』で有名な兼好がいる。戦国時代の兼倶は唯一神道 (→吉田神道 ) を興し,神職界に多大な影響力をもった。江戸時代には,各種の免許発行権を認められ,全国の神職のほとんどを配下収め,その勢力ははなはだ大きかった。明治にいたり子爵となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「吉田家」の解説

よしだけ【吉田家】

藤原氏北家高藤流の参議勧修寺為の曾孫経房を始祖とする堂上公家。家名は,経房が洛東神楽岡のふもと吉田に構えた別業に由来する。為房の子孫は事務練達の実務官僚の道をたどるが,吉田家もその一つで,弁官,蔵人頭を経て参議となり,大・中納言を極官とする。初代経房は経世の才に富む廉直の貞臣として後白河法皇信任を得,また源頼朝の信頼も得て,朝廷への奏請を取り次ぐ関東申次の役を務めて勢力を得た。鎌倉時代中期,皇統が持明院・大覚寺両統に分かれると,5代経長のときより大覚寺統に忠勤を励み,6代定房のとき,父祖を越えて内大臣に任ぜられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の吉田家の言及

【諸社禰宜神主法度】より

…第1条は〈諸社の禰宜,神主などはもっぱら神祇道を学び,神体を崇敬し,神事祭礼をつとめること〉,第2条は〈社家が位階を受ける場合,朝廷に執奏する公家(寺社伝奏)が前々よりある場合は,これまでどおりとする〉,第3条は〈無位の社人は白張を着すように。白張以外の装束(狩衣など)を着けるときは吉田家の許状を受けること〉,第4条は〈神領はいっさい売買しても質に入れてもいけない〉,第5条は〈神社は小破のときに修理を加えて維持につとめ,掃除を怠らないように〉という内容であった。このうち第2条に関しては論議を呼んだ。…

【白川家】より

…これが伯家に王を称することが許された一因であろう。神祇伯は宮中祭祀のみならず,全国の神社を統轄するが,古くから神事をつかさどる氏族で伯家に次ぐ神祇大副(神祇官の次官)を世襲した卜部氏吉田家の兼俱(1435‐1511)が唯一神道を創始し,神祇官領長上を自称して,地方神社をその支配下におくようになったため,白川家は振るわなくなった。そこで江戸時代に入って,吉田家に対抗して自家の独自の神道説を地方神社に広め伯家神道(はつけしんとう)と称するに至った。…

【吉田兼熙】より

…神祇大副,侍従,正三位。父は卜部兼豊(うらべかねとよ),父祖累代世襲の吉田神社祠官の職を継いだが,1375年(天授1∥永和1)卜部宿禰姓を改めて卜部朝臣姓を賜り,86年(元中3∥至徳3)従三位に叙せられて父祖の位階を越えて初めて公卿に列せられるなど,一家の地位を高め,神道吉田家の基礎を築いた。吉田という家名も兼熙が1378年もとの家名の室町を改めて初めて称したものといわれる。…

※「吉田家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android