名古屋 章(読み)ナゴヤ アキラ

  • 名古屋 章 (なごや あきら)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の俳優



生年
昭和5(1930)年12月8日

没年
平成15(2003)年6月24日

出生地
東京都千代田区

学歴〔年〕
九段中(旧制)〔昭和24年〕卒

主な受賞名〔年〕
紀伊国屋演劇賞(個人賞 第6回)〔昭和46年〕「」,芸術祭賞優秀賞〔昭和58年〕「雨」

経歴
昭和24年NHK東京放送劇団養成所に入る。放送劇団在籍中の27年にラジオドラマ「ぼたもち」に主演、同年の芸術祭賞を受賞。ラジオ「一丁目一番地」などに出演の後、34年文学座に入り、38年には劇団雲の創立に参加したが、解散により50年以降はフリーで活躍。地人会、こまつ座の舞台に数多く出演し、井上ひさしの「雨」では主人公の紅花問屋の旦那になりすます金物拾いを11年間200回に渡って演じ続け、58年に芸術祭賞優秀賞を受賞した。他の代表的舞台に「真夏の夜の夢」「じゃじゃ馬ならし」「黄金の国」「釘」「砂の上のダンス」など。映画には30年「ノンちゃん雲にのる」でデビュー、アクの強い悪役、敵役で鳴らしたが、テレビのホームドラマでは中年の軽妙な役どころが多く、庶民派俳優として茶の間に親しまれた。また人形劇「ひょっこりひょうたん島」のリメイク版では大統領ドン・ガバチョの声を担当した。他の出演作品に映画「天国と地獄」「麻雀放浪記」、舞台「エレジー」「父さんが歌ったあの歌を」「闇に咲く花」、ドラマ「江戸の用心棒」「八代将軍吉宗」「HOTEL」「暴れん坊将軍」などがある。平成15年3月芝居の稽古初日に倒れ、脳腫瘍の摘出手術を受けたが、同年6月に死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
俳優

生年月日
昭和5年 12月8日

出生地
東京都 千代田区

学歴
九段中(旧制)〔昭和24年〕卒

経歴
昭和24年NHK東京放送劇団養成所に入る。放送劇団在籍中の27年にラジオドラマ「ぼたもち」に主演、同年の芸術祭賞を受賞。ラジオ「一丁目一番地」などに出演の後、34年文学座に入り、38年には劇団雲の創立に参加したが、解散により50年以降はフリーで活躍。地人会、こまつ座の舞台に数多く出演し、井上ひさしの「雨」では主人公の紅花問屋の旦那になりすます金物拾いを11年間200回に渡って演じ続け、58年に芸術祭賞優秀賞を受賞した。他の代表的舞台に「真夏の夜の夢」「じゃじゃ馬ならし」「黄金の国」「釘」「砂の上のダンス」など。映画には30年「ノンちゃん雲にのる」でデビュー、アクの強い悪役、敵役で鳴らしたが、テレビのホームドラマでは中年の軽妙な役どころが多く、庶民派俳優として茶の間に親しまれた。また人形劇「ひょっこりひょうたん島」のリメイク版では大統領ドン・ガバチョの声を担当した。他の出演作品に映画「天国と地獄」「麻雀放浪記」、舞台「エレジー」「父さんが歌ったあの歌を」「闇に咲く花」、ドラマ「江戸の用心棒」「八代将軍吉宗」「HOTEL」「暴れん坊将軍」などがある。平成15年3月芝居の稽古初日に倒れ、脳腫瘍の摘出手術を受けたが、同年6月に死去した。

受賞
紀伊国屋演劇賞(個人賞 第6回)〔昭和46年〕「釘」,芸術祭賞優秀賞〔昭和58年〕「雨」

没年月日
平成15年 6月24日 (2003年)

伝記
芝居語り―渡辺えり子対話集 渡辺 えり子 著(発行元 小学館 ’06発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1930年12月8日
昭和時代;平成時代の俳優
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android