コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋コーチン(読み)ナゴヤコーチン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名古屋コーチン

正式名称は「名古屋種」。明治中期に旧尾張藩士の海部壮平、正秀兄弟が尾張地方の地鶏と中国のバフコーチンを交配して作り出した。卵肉兼用種に分類される。羽色は褐色で脚は鉛色。弾力のあるしまった肉質は、歯ごたえがあり、うまみが強い。かつては全国で広く飼育されていたが、昭和30年代後半に外国鶏の輸入が始まると飼育数が減少。その後、おいしい鶏肉を求める消費者の声が高まり、再び脚光を浴びるようになった。愛知県畜産総合センター種鶏場(安城市)で種鶏同士を交配してできた鶏だけが認められ、供給される民間孵化(ふか)場や飼育農家が公表されている。

(2017-09-05 朝日新聞 朝刊 三重全県・地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

名古屋コーチン[畜産]
なごやこーちん

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に豊橋市田原市で生産されている。明治時代初期、元尾張藩士が尾張の地鶏と中国のバフコーチンを交配し、卵肉兼用種としてつくり出された。肉は赤みを帯び、適度にしまった歯ごたえがある。また、卵は黄身の色が濃く、濃厚な味である。全国で唯一純粋種のまま商品化されており、知名度・品質ともに優れる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名古屋コーチンの関連情報