コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋銀行 なごやぎんこう

2件 の用語解説(名古屋銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋銀行
なごやぎんこう

地方銀行。 1949年共和殖産として創業。同年名古屋殖産,名古屋殖産無尽に改称。 51年相互銀行法に基づき名古屋相互銀行となる。 89年普通銀行に転換するとともに現社名に変更。愛知県で最大の地銀。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

名古屋銀行

正式社名「株式会社名古屋銀行」。通称「名銀めいぎん」。英文社名「The Bank of Nagoya, Ltd.」。銀行業。昭和24年(1949)前身の「共和殖産株式会社」設立。同26年(1951)「株式会社名古屋相互銀行」設立。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は名古屋市中区錦。第二地方銀行。愛知県地盤。地域密着型営業。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード8522。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

名古屋銀行の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋銀行の関連情報