コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋銀行 なごやぎんこう

2件 の用語解説(名古屋銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋銀行
なごやぎんこう

地方銀行。 1949年共和殖産として創業。同年名古屋殖産,名古屋殖産無尽に改称。 51年相互銀行法に基づき名古屋相互銀行となる。 89年普通銀行に転換するとともに現社名に変更。愛知県で最大の地銀。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

名古屋銀行

正式社名「株式会社名古屋銀行」。通称「名銀めいぎん」。英文社名「The Bank of Nagoya, Ltd.」。銀行業。昭和24年(1949)前身の「共和殖産株式会社」設立。同26年(1951)「株式会社名古屋相互銀行」設立。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は名古屋市中区錦。第二地方銀行。愛知県地盤。地域密着型営業。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード8522。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名古屋銀行の関連キーワード第三銀行愛知銀行三重銀行岐阜銀行NITTOHメイエレック但馬銀行北都銀行メイラ瀧定名古屋

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋銀行の関連情報