コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋銀行(読み)なごやぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋銀行
なごやぎんこう

地方銀行。 1949年共和殖産として創業。同年名古屋殖産,名古屋殖産無尽に改称。 51年相互銀行法に基づき名古屋相互銀行となる。 89年普通銀行に転換するとともに現社名に変更。愛知県で最大の地銀。資金量2兆 4329億 3600万円,資金構成は定期 69%,普通 16%,当座5%,通知1%。その他9%。経常収益 1061億 9300万円 (連結) ,資本金 228億 6900万円,従業員数 2728名,店舗数 125 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

名古屋銀行

正式社名「株式会社名古屋銀行」。通称「名銀めいぎん」。英文社名「The Bank of Nagoya, Ltd.」。銀行業。昭和24年(1949)前身の「共和殖産株式会社」設立。同26年(1951)「株式会社名古屋相互銀行」設立。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は名古屋市中区錦。第二地方銀行。愛知県地盤。地域密着型営業。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード8522。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名古屋銀行の関連情報