コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静岡銀行 しずおかぎんこう

2件 の用語解説(静岡銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静岡銀行
しずおかぎんこう

地方銀行。 1943年静岡三十五銀行と遠州銀行が合併して設立。同年浜松銀行,榛原銀行,伊豆銀行,浜松貯蓄,伊豆貯蓄,静岡貯蓄の3貯蓄銀行,44年浦川銀行,45年浜松市信用組合を合併。第2次世界大戦後もいちはやく発展し,営業地盤 (静岡,愛知県と神奈川県の一部) の産業高度化に応じて地元産業,中小企業の融資に力を注ぎ,資金吸収のため店舗網の拡大に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

静岡銀行

正式社名「株式会社静岡銀行」。通称「静銀しずぎん」。英文社名「THE SHIZUOKA BANK, LTD.」。銀行業。昭和18年(1943)「静岡三十五銀行」と「遠州銀行」が合併し設立。本店は静岡市葵区呉服町。地方銀行。静岡県地盤。自己資本比率トップクラスの安定経営が特徴。東京証券取引所第1部上場。証券コード8355。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静岡銀行の関連キーワード市中銀行東京銀行普通銀行百五銀行青森銀行北國銀行親和銀行都市銀行・地方銀行スルガ銀行神奈川銀行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

静岡銀行の関連情報