黒田庄(読み)くろだしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫県中部,西脇市北部の旧町域。加古川中流域にある。 1960年町制。 2005年西脇市と合体地名は中世以来の呼称による。丹波山地の高原台地が大部分を占め,加古川沿いに集落耕地が集中。播州先染織の生産地の一つで,織物業が盛ん。ほかに釣り針特産農村部では酒米,シイタケを産し,和牛飼育が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兵庫県中南部、多可郡(たかぐん)にあった旧町名(黒田庄町(ちょう))。現在は西脇(にしわき)市の北部を占める一地区。旧黒田庄町は1960年(昭和35)町制施行、2005年(平成17)西脇市に合併。地域の中央を加古(かこ)川が貫流し、東岸をJR加古川線、西岸を国道175号が走る。集落は両岸にあり水田が開ける。『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』の黒田の里で「土の黒きをもちて名を為(な)す」とある。中世は平等院(びょうどういん)領の荘園(しょうえん)黒田庄であった。名産の播州毛鉤は伝統的工芸品に指定されている。播州織(ばんしゅうおり)は伝統的産業。黒田庄和牛をはじめ農業が盛ん。拝殿が県の重要文化財に指定されている兵主(ひょうず)神社、周辺が自然環境保全林となっている荘厳(しょうごん)寺などがある。[二木敏篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android