コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月ヶ瀬 つきがせ

5件 の用語解説(月ヶ瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月ヶ瀬
つきがせ

奈良県北部,奈良市北東部の旧村域。 1968年月瀬村から月ヶ瀬村に名称変更。 2005年奈良市に編入。名張川流域に位置し,沿岸のV字谷の峡谷部に国の名勝月ヶ瀬梅林がある。ウメ栽培は古くから始まり,その実から烏梅 (うばい) と呼ばれる京紅の染料をとるようになり発展,江戸時代末期に斎藤拙堂,頼山陽らによって紹介された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つきがせ【月ヶ瀬】

奈良県北東端にあった村。名張川の峡谷沿いにある梅林は梅の名所。平成17年(2005)4月に奈良市に編入。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

月ヶ瀬【つきがせ】

奈良県添上郡月ヶ瀬村(現・奈良市),木津川の支流名張川に沿う地。約6000本の梅樹がある月ヶ瀬梅林(名勝)で知られ,名張川の渓谷も美しい。かつては梅樹から京紅の染料となるウメの実(烏梅(うばい))をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

つきがせ【月ヶ瀬】

奈良県北東端、奈良市の地名。名張川の峡谷部を占め、梅林の名所として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月ヶ瀬
つきがせ

奈良県北東部、添上(そえかみ)郡にあった旧村名(月ヶ瀬村(むら))。現在は奈良市東部にある地域。旧月ヶ瀬村は、1968年(昭和43)に月瀬(つきせ)村から月ヶ瀬村に改称。2005年(平成17)都祁(つげ)村とともに奈良市に編入。大和(やまと)高原を北西流する木津(きづ)川の上流名張(なばり)川(五月(さつき)川)の峡谷部を占める。中心集落は尾山(おやま)。古くから梅の名所として知られ、江戸時代には斎藤拙堂(せつどう)、頼(らい)山陽ら多くの文人が訪れている。峡谷沿いには約1万本の梅が植えられ、「月瀬(つきがせ)梅林」として1922年(大正11)国の名勝に指定された。大和茶の生産と梅の実加工が盛ん。[菊地一郎]
『『月ヶ瀬村史』(1990・月ヶ瀬村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月ヶ瀬の関連キーワード奈良県奈良市北市町奈良県奈良市北魚屋東町奈良県奈良市北新町奈良県奈良市北袋町奈良県奈良市北風呂町奈良県奈良市北御門町奈良県奈良市北向町奈良県奈良市北村町奈良県奈良市北室町奈良県奈良市脇戸町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月ヶ瀬の関連情報