コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀川 うだがわ

3件 の用語解説(宇陀川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇陀川
うだがわ

奈良県中部,竜門山地に源を発し,北東流して三重県名張市西方で名張川に合流する川。長さ 28km。中・下流地域は大和から伊賀,伊勢にいたる歴史的ルート。榛原付近で芳野川,内牧川を合し,流域に松山盆地,榛原盆地などの小盆地をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うだ‐がわ〔‐がは〕【宇陀川】

奈良県中東部を流れる川。淀川水系の一。宇陀市南西部の竜門岳(標高904メートル)北方に源を発し、三重県名張市内で青蓮寺(しょうれんじ)川と合流して名張川となる。長さ28キロ。昭和48年(1973)、宇陀市室生大野(むろうおおの)の峡谷に多目的ダムの室生ダムが完成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇陀川
うだがわ

奈良県中東部を流れる川。竜門(りゅうもん)山地の主峰竜門岳北方に源を発し、口宇陀(くちうだ)盆地を北東流して諸支流をあわせ、三重県名張(なばり)市西方で名張川に注ぐ。延長28キロメートル。流域面積194平方キロメートル。この渓谷に沿って、大和(やまと)から伊賀、伊勢(いせ)に至る伊勢街道(国道165号)や近畿日本鉄道大阪線が通じる。流域には松山、榛原(はいばら)(奈良県宇陀市)など地方中心集落の発達する小盆地が開け、河水は水田灌漑(かんがい)に利用される。宇陀市室生(むろう)大野の峡谷に多目的の室生ダムが1974年(昭和49)完成した。また、宇陀川流域の水質保全のために宇陀市榛原福地に宇陀川浄化センターが設置されている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇陀川の関連キーワード浅野川夷隅川雲出川富田川富雄川飯梨川葛城川中山川馬瀬川姿川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇陀川の関連情報