コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇陀川 うだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇陀川
うだがわ

奈良県中部,竜門山地に源を発し,北東流して三重県名張市西方で名張川に合流する川。長さ 28km。中・下流地域は大和から伊賀伊勢にいたる歴史的ルート榛原付近で芳野川,内牧川を合し,流域に松山盆地,榛原盆地などの小盆地をつくる。 1974年室生村大野の峡谷に,多目的の室生ダムが建造された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うだ‐がわ〔‐がは〕【宇陀川】

奈良県中東部を流れる川。淀川水系の一。宇陀市南西部の竜門岳(標高904メートル)北方に源を発し、三重県名張市内で青蓮寺(しょうれんじ)川と合流して名張川となる。長さ28キロ。昭和48年(1973)、宇陀市室生大野(むろうおおの)の峡谷に多目的ダムの室生ダムが完成した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇陀川
うだがわ

奈良県中東部を流れる川。竜門(りゅうもん)山地の主峰竜門岳北方に源を発し、口宇陀(くちうだ)盆地を北東流して諸支流をあわせ、三重県名張(なばり)市西方で名張川に注ぐ。延長28キロメートル。流域面積194平方キロメートル。この渓谷に沿って、大和(やまと)から伊賀、伊勢(いせ)に至る伊勢街道(国道165号)や近畿日本鉄道大阪線が通じる。流域には松山、榛原(はいばら)(奈良県宇陀市)など地方中心集落の発達する小盆地が開け、河水は水田灌漑(かんがい)に利用される。宇陀市室生(むろう)大野の峡谷に多目的の室生ダムが1974年(昭和49)完成した。また、宇陀川流域の水質保全のために宇陀市榛原福地に宇陀川浄化センターが設置されている。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇陀川の関連キーワード榛原(奈良県)菟田野〈町〉菟田野[町]奈良県宇陀市大宇陀〈町〉赤目四十八滝大宇陀[町]宇陀(市)御杖(村)大野寺石仏奈良(県)榛原[町]名張[市]榛原〈町〉室生〈村〉室生[村]上野盆地笠置山地大和高原大野寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇陀川の関連情報