コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島良安 てらじまりょうあん

7件 の用語解説(寺島良安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺島良安
てらじまりょうあん

江戸時代中期の医師。大坂の人で字は尚順,古林堂と号す。和気仲安に医術を学ぶ。御城入医官となり,法橋まで昇進した。和漢の学に通じ,正徳2 (1712) 年図説百科事典和漢三才図会』 (105巻) を完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てらじま‐りょうあん〔‐リヤウアン〕【寺島良安】

江戸中期の漢方医。大坂の人。字(あざな)は尚順。号、杏林堂。御城入医師で、法橋(ほっきょう)に叙せられた。日本最初の絵入り百科事典「和漢三才図会」105巻を著述。他の著作に「三才諸神本紀」「済生宝」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島良安 てらじま-りょうあん

1654-? 江戸時代前期-中期の医師。
承応(じょうおう)3年生まれ。和気仲安の門弟。大坂城の御城入医師,法橋(ほっきょう)となる。わが国初の絵入り百科事典といわれる「和漢三才図会(ずえ)」105巻を編集,正徳(しょうとく)2年刊行した。出羽(でわ)能代(秋田県)出身。一説に大坂出身とも。字(あざな)は尚順。号は杏林堂。著作はほかに「通俗三才諸神本紀」「済生宝」など。
【格言など】暫時(しばし)の口味に泥(なず)んで,身命を賭(かけもの)にするは,密〓(“女へん”に「瑤」のつくり)(まおとこ)する者と趣きは一なり(「和漢三才図会」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

寺島良安

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:承応3(1654)
江戸中期の医者,考証家。字は尚順,号は杏林堂。秋田能代の船問屋尾張屋の息子として生まれ(一説に大坂高津生まれとも),のちに大坂に移って同じ能代出身の伊藤良立に学ぶ。医学を和気仲安に学び,大坂城の御城入医師となり,法橋に叙せられた。明代に広まった易医論の影響のもと,天地人三才に広く通じてこそはじめて真の医家であるという考えに立って,中国の『三才図会』にならい,わが国最初の絵入り百科『和漢三才図会』(1712)を著した。20歳代後半から30余年を経て脱稿した本書のほか,『三才諸神本紀』『済世宝』『弘法大師略伝』『湯液痘疹良方』などの著書がある。没年は享保年間(1716~36)末期ごろと思われる。<参考文献>島田勇雄「『和漢三才図会』2解説(平凡社東洋文庫)」

(石田秀実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てらじまりょうあん【寺島良安】

江戸中期の医家,雑学者。生没年不詳。字は尚順,号は杏林堂。大坂高津の人。和気仲安の門人で,大坂城の御城入医師として法橋に叙せられたが,その他の経歴は不明。医業に励むかたわら,心を文学に寄せ,和漢の学に博達していた。とくに良安の名を高からしめたのは,1712年(正徳2),群書を渉猟すること30余年ののちに成った《和漢三才図会》105巻であり,同書は日本の一大百科事典の初めとして,その文化的価値は不朽である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てらしまりょうあん【寺島良安】

江戸中期の古医方家。大坂の人。字あざなは尚順。号、杏林堂。法橋ほつきように叙せられた。和漢の学問に通じ、「和漢三才図会」を編纂。ほかに「三才諸神本記」「済宝記」など。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺島良安
てらじまりょうあん

生没年不詳。江戸中期の医家。大坂高津の人。字(あざな)は尚順、杏林堂(きょうりんどう)と号した。御城入医師となり、法橋(ほっきょう)に叙せられたが詳しい経歴は不明。和漢の学に通じ、医業のかたわら中国の王圻(おうき)(生没年不詳)の『三才図会』に倣って、1712年(正徳2)『和漢三才図会』105巻を編纂(へんさん)した。これは日本における最初の百科事典というべき著作である。ほかに『済生宝』(1722)、『通俗三才諸神本紀』(1723)などがある。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寺島良安の言及

【和漢三才図会】より

…105巻81冊。編者は大坂の医師寺島良安。編者の師和気仲安の〈医者たる者は宇宙百般の事を明らむ必要あり〉との言に従い著述を計画。…

※「寺島良安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺島良安の関連キーワード井上布門小野古風長谷川常時横谷友信児玉良悦釈祐照手医者森枳園金玉医者目黒道琢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺島良安の関連情報