コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周旋屋 シュウセンヤ

デジタル大辞泉の解説

しゅうせん‐や〔シウセン‐〕【周旋屋】

周旋業を営む人。また、その家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうせんや【周旋屋】

雇人の紹介,斡旋を業とする人,およびその職業。また,より広く土地,建物などの売買周旋をする業者も含めることができる。雇人の周旋業者は桂庵(けいあん),口入れ屋と通称されたほか,人宿(ひとやど),請宿(うけやど),人置(ひとおき),肝煎(きもいり)屋などとも呼んだ。近世初期以降,都市の発展にともなって出現したもので,とくに江戸に流入する多数の出稼ぎ奉公人に対し,その身元保証,雇入先の斡旋,そして,就職先がきまるまでの宿泊を行う必要があったことから必然的に発生したものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうせんや【周旋屋】

土地・家屋の売買、人の雇用などを周旋する職業。また、その人。くちいれや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

周旋屋の関連キーワード売られた花嫁最暗黒之東京彼此屋人置き口入家屋慶庵雇用

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android