(読み)ウン

デジタル大辞泉の解説

うん【運】

人の身の上にめぐりくる幸・不幸を支配する、人間の意志を超越したはたらき。天命。運命。「が悪い」
よいめぐりあわせ。幸運。「が向いてくる」「がない」
[補説]書名別項。→

うん【運】[漢字項目]

[音]ウン(呉)(漢) [訓]はこぶ めぐる めぐらす
学習漢字]3年
定まったとおりにめぐり行く。「運行運航運動
はこぶ。「運河運送運賃運搬運輸海運水運陸運
物事を円滑に動かして働かせる。「運営運転運用
めぐりあわせ。「運勢運命悪運開運気運機運幸運国運社運衰運天運悲運不運武運命運
[補説]「耕運機」の運は「耘(うん)」(草をとる)の代用字。
[名のり]かず・やす・ゆき

うん【運】[書名]

芥川竜之介の短編小説。大正6年(1917)1月、雑誌「文章世界」に発表。「今昔物語集」に取材した、王朝ものの作品のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うん【運】

〘名〙
① 幸、不幸などをもたらし、状況を動かしていく、人の力ではどうすることもできない作用。巡り合わせ。運命。
※台記‐康治二年(1143)八月一一日「臣以運之拙、不一職、已以遁世」
② (特に、よい場合をいう) 幸運。しあわせ。⇔不運
大鏡(12C前)五「いとかかる運におされて、御兄たちはとりもあへずほろび給ひにしこそおはすめれ」

はこび【運】

〘名〙 (動詞「はこぶ(運)」の連用形の名詞化)
① 他の場所へ、物などを移送すること。持っていくこと。運送。運搬。
※経済小学家政要旨(仮名付)(1877)〈永峰秀樹訳〉八「薪の運送(ハコビ)を加減せざる可らず」
② 足をはこぶこと。歩くこと。
※八帖花伝書(1573‐92)七「大夫足のはこひを見て、さらさらと吹上」
③ 物事のはかどり具合。進む状態。進行。進めかた。段取り。
※舞姫(1890)〈森鴎外〉「涙の迫り来て筆の運を妨ぐればなり」
連歌俳諧前句付句を付け合わせること。また、その付けかたのすすめ具合。付合(つけあい)。〔俳諧・雪おろし(1751)〕
⑤ 遊郭に食物の仕出しをする台屋の出前持ち。

はこ・ぶ【運】

[1] 〘自バ五(四)〙
① 物事が滞らないで進展する。はかどる。進捗する。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「非常の処置を做ずんば決して事は運(ハコ)びがたし」
② 心などがそちらに向かう。寄りつく。
※広本拾玉集(1346)三「大寺の池の蓮の花ざかりはこふ心にたむけてぞ見る」
[2] 〘他バ五(四)〙
① 持ったり、載せたりして、物を他の場所へ移し送る。運送する。伝達する。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「かの院よりも、御調度などはこばる」
② 足などを移し進める。あるかせる。
※海道記(1223頃)序「あかぬ余波(なごり)をとどめて歩を運ぶ」
③ 書いたり縫ったりするために筆や針をうごかし進める。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「母は針をはこびながら」
④ 物事を推し進める。どんどんはかどらせる。進捗させる。
※地蔵十輪経元慶七年点(883)二「相ひ与(とも)に謀議して諸の籌と策とを運(ハコ)びて」
⑤ そちらに心を向ける。心をよせる。
※日葡辞書(1603‐04)「ヒトニ ココロザシヲ facobu(ハコブ)
⑥ 謡曲で、少しずつ調子に乗って速く謡う。〔わらんべ草(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運の関連情報