コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和剤局方 わざいきょくほうHo-chi-chü-fang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和剤局方
わざいきょくほう
Ho-chi-chü-fang

中国宋代の徽宗勅命によって選ばれた一種の国定処方集。南宋以後しばしば増訂されたために多くの異本があるが,最初の刊本は大観年間 (1107~10) に陳師文,裴完元,陳承らが撰述したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わざいきょくほう【和剤局方 Hé jì jú fāng】

中国医学の処方集。《太平恵民和剤局方》というのが正式の書名であるが,通常《和剤局方》または《局方》と略して呼ばれる。宋時代の代表的な処方集の一つで,初版は北宋末の大観年間(1107‐10)に徽宗皇帝の命を受けて陳師文らが刊行した。この書は和剤恵民局で調製して一般に売り出した薬剤のための処方集である。民間の処方を集めて構成したといわれ,大部分前代の書からの引用文という中国の多くの処方集とは違い,宋時代に創製ないし使用された処方を多く含むという意味で重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和剤局方
わざいきょくほう

中国、宋(そう)代に出版された漢方処方箋(しょほうせん)集。『太平恵民和剤局方』が正名。徽宗(きそう)の時代に、当時各地の薬局で使用されていた局方(処方集)の誤りを訂正するために、陳師文(ちんしぶん)らに校訂を命じ、五巻本として出版された勅撰(ちょくせん)本。さまざまな病状別に用いられる処方を記し、さらに各処方についての細かい使用目標を詳述した実用書で、収載された処方箋は十分に吟味されたものばかりで、宋代以後も大いに利用された。わが国でも鎌倉から室町時代にかけて広く用いられ、多くの医家が利用した。現在、流通している家庭薬のなかにも、本書に記された処方箋を基本とするものが多い。なお現在の薬局方という名称は本書の題名に由来している。[難波恒雄・御影雅幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和剤局方の関連キーワード十全大補湯川芎茶調散清心蓮子飲藿香正気散吸出し膏薬加味逍遙散参苓白朮散人参養栄湯四君子湯五淋散朱震亨五積散薬局方安中散四物湯平胃散参蘇飲香蘇散処方箋二陳湯