コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和合神 ワゴウジン

3件 の用語解説(和合神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わごう‐じん〔ワガフ‐〕【和合神】

中国で、婚礼のときに祭る神。寒山・拾得の二仙(二聖)で、ともに蓬頭(ほうとう)で笑顔、緑衣を着け、一人は棒と鼓を持つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わごうじん【和合神】

男女の和合をつかさどるという神。性にかかわる信仰はしばしば性器崇拝のかたちをとることもあり,淫祠として権力によって排撃・弾圧されることも多かった。 和合の神として一般によく信仰されたのは,聖天(しようてん)とよばれる大歓喜天で,象頭人身の2神が抱き合っている姿で表される。これはインドガネーシャ神に起源をもつものであるが,ラマ教においても男女2神が抱擁交接している像が多くつくられまつられている。これらは男女両性の結合をもって宇宙の根本原理とする思想に基づいたものといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わごうじん【和合神】

文化文政期(1804~1830)に流行した男女の和合をつかさどる神。二体並び、蓬頭ほうとう笑面、緑衣で、一人は左手に鼓をさげ右手に棒を持つ。もと、中国の民間信仰による幸福の神で、寒山拾得の像に象かたどるという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和合神の関連キーワード魂魄典座運星夏官掌典水鬼祝女方伯神録事司る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和合神の関連情報