コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和合神 ワゴウジン

世界大百科事典 第2版の解説

わごうじん【和合神】

男女の和合をつかさどるという神。性にかかわる信仰はしばしば性器崇拝のかたちをとることもあり,淫祠として権力によって排撃・弾圧されることも多かった。 和合の神として一般によく信仰されたのは,聖天(しようてん)とよばれる大歓喜天で,象頭人身の2神が抱き合っている姿で表される。これはインドのガネーシャ神に起源をもつものであるが,ラマ教においても男女2神が抱擁交接している像が多くつくられまつられている。これらは男女両性の結合をもって宇宙の根本原理とする思想に基づいたものといえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わごうじん【和合神】

文化文政期(1804~1830)に流行した男女の和合をつかさどる神。二体並び、蓬頭ほうとう笑面、緑衣で、一人は左手に鼓をさげ右手に棒を持つ。もと、中国の民間信仰による幸福の神で、寒山拾得の像に象かたどるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和合神の関連キーワード寒山拾得民間信仰縁結び百太夫民具

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android