コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淮軍 わいぐん Huai-jun; Huai chün

4件 の用語解説(淮軍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淮軍
わいぐん
Huai-jun; Huai chün

中国,同治1 (1862) 年李鴻章が安徽省で組織した軍隊。淮軍の名は,安徽省が淮河流域にあることに由来する。李鴻章は,彼が師事する曾国藩の推挙で江蘇巡撫になると,太平天国軍の攻撃にさらされている上海を防衛するため,郷里の安徽省合肥と盧江の団練を再編して,イギリスの援助のもとに装備の近代化に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わい‐ぐん【淮軍】

中国、清末の1861年、曽国藩(そうこくはん)の命を受けた李鴻章(りこうしょう)が、郷里の安徽省合肥県の団練を組織した郷勇。太平天国軍・捻軍(ねんぐん)の討伐に功をあげたが、のち清仏戦争日清戦争に敗れて弱体化した。淮勇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わいぐん【淮軍】

中国、清末の郷勇の一。李鴻章りこうしようが曽国藩そうこくはんの指示で組織、李の勢力基盤をなした。太平天国軍・捻軍ねんぐんと戦い、清朝の洋式軍隊の主力となったが、日清戦争で壊滅した。淮勇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淮軍
わいぐん

中国、清(しん)末の軍隊。1861年李鴻章(りこうしょう)が安徽(あんき)省淮河南岸の団練を基礎に湘(しょう)軍に倣って編成した義勇軍で、正確には淮勇という。500人からなる営を基本単位とし、各営は四つの哨(しょう)、各哨は八つの隊からなる。兵士はすべて将官が直接に徴募し、統領が営官を、営官が哨長を、哨長が什(じゅう)(隊)長を直接選任した。したがって湘軍同様、私的性格が濃厚だった。1862年4月6500人の兵力で安慶からイギリス船で上海(シャンハイ)に入って以後、しだいに洋式銃砲で装備し、編制もこれに応じて変化した。太平軍と戦う過程で質量ともに強化され、65年には6、7万に達して、清朝最強の軍隊となり、捻(ねん)軍鎮圧に功をあげた。李鴻章ら淮系官僚政客集団の最大の資本となったが、清仏戦争と日清戦争に敗れて力を失い、袁世凱(えんせいがい)の新建陸軍(新軍)にその地位を譲った。[小島晋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の淮軍の言及

【郷勇】より

…1853年(咸豊3)曾国藩は地主の子弟を将校とし,農村青年を兵(勇)として湘勇を編成し,61年,李鴻章はこれにならって淮勇を編成した。 いずれも師弟関係や血縁・地縁など私的結合を紐帯として組織されて曾国藩,李鴻章の私兵的性格が濃く,それぞれ湘軍,淮軍と通称された。両軍とも正規軍に比してはるかに給与が高く,かつ西洋近代火器を導入して装備を改善したので戦闘力が強く,太平天国,捻軍など諸農民反乱の鎮圧の主力をつとめた。…

【軍閥】より

…【藤原 彰】
[中国]
 中国では,古く唐代から軍閥の存在が指摘されているが,歴史的に重要なのは近代のそれである。近代中国の軍閥の起源は太平天国鎮圧戦争のために組織された曾国藩の湘軍,李鴻章の淮軍(わいぐん)等にもとめられる(郷勇)。清朝支配下にあってはなお文官を軸に編成されていた支配体制が,辛亥革命による専制王朝体制の崩壊とともにむきだしの軍人支配に移行する。…

【太平天国】より

…56年には,建都以来進行していた諸王間の隠微な権力闘争が,流血の大分裂として爆発し,東王がその部下約2万とともに北王韋昌輝に,ついで北王が天王に殺害され,衆望を担った翼王石達開が天王の圧迫に耐えかねて20万の大軍を率いて天京を離脱する悲劇を演じた(南王馮雲山と西王蕭朝貴は南京占領までに戦死)。これに乗じて曾国藩が儒教と伝統的秩序の擁護をかかげて,湖南の儒者・地主を中核に組織した義勇軍(湘(しよう)軍),ついで李鴻章が安徽で組織した淮(わい)軍が攻勢に転じ,太平軍は60年までに天京上流の従来の地盤を喪失した(図)。
[外国の干渉と敗北]
 第2次アヘン戦争と北京条約(1860)によって,清朝をその対華政策の支柱として再編することに成功したイギリス以下の列強は,初期の中立政策を放棄し,1860年以降,天京以東の江蘇・浙江省に新たな活路を求めて進出してきた太平軍に,上海,寧波などで武力攻撃を加え始めた。…

※「淮軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

淮軍の関連キーワード李鴻章ウォード江南製造局天津条約同治中興馬建忠北洋艦隊メレンドルフ露清同盟密約君民同治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone