コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湘軍 しょうぐんXiang-jun; Hsiang-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湘軍
しょうぐん
Xiang-jun; Hsiang-chün

中国,清末に太平天国に対抗するため組織された郷勇 (民兵) の一つで,湘勇ともいう。咸豊2 (1852) 年母の喪に服するため帰郷していた曾国藩が中心となり,湖南省湘郷県で同郷者や血縁関係者,読書人などを中心に組織。経費の多くは捐輸 (寄付金) や釐金 (りきん。内国関税) によってまかなわれた。翌年,江忠源救援のため南昌に進軍して敗北したが,その後,軍の充実に努めて強勢となり,太平天国軍の討滅に活躍。その後,捻軍征討に加わったりしたが,まもなく解散した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぐん〔シヤウ‐〕【湘軍】

中国の末、太平天国の乱の鎮圧のために曽国藩が組織した義勇軍。主に湖南省湘郷県出身者(湘人)で編成された。湘勇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湘軍
しょうぐん

中国、太平天国を鎮圧するため、曽国藩(そうこくはん)が湖南で組織した義勇軍。湘勇ともいう。1852年、長沙(ちょうさ)防衛に動員された曽国藩の故郷、湘郷(しょうきょう)県の団錬(だんれん)1000余を義勇兵に編成替えしたのに始まり、1853年秋、衡州(こうしゅう)で5000の水軍を編成、陸軍とあわせて約1万7000の義勇軍として本格的に成立。最盛期には曽の直属軍12万を中核に、数十万の大軍に成長し、太平天国鎮圧の主力となった。しかし、南京(ナンキン)占領後まもなく、曽国藩は、彼の権力の強大化を警戒した清(しん)朝への配慮と、軍内に哥老会(かろうかい)という秘密結社が拡大したことなどから解散を図り、彼が別に李鴻章(りこうしょう)に組織させた淮軍(わいぐん)がこれにとってかわった。清の常備軍である八旗や緑営と違い、上級指揮官が下級の指揮官を、下級指揮官が兵士をと、上から順に同郷、血縁、師弟関係を通じて私的に募集し、指揮官が辞めればその軍を解散し、同様な方法で新たに徴募するという私的性格の濃厚な新形式の軍隊であった。上級指揮官の圧倒的多数は湖南の儒生(じゅせい)で、そのうち26人は総督・巡撫(じゅんぶ)となり、各省の軍事・財政・行政権を掌握して、清末の総督・巡撫権力の強大化、割拠化をもたらし、また軍閥形成の端緒となった。[小島晋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湘軍の関連キーワード王かい運秘密結社左宗棠李鴻章劉坤一咸豊帝洪秀全哥老会羅沢南王闓運軍閥鮑超楚軍団練

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android