コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品玉 シナダマ

デジタル大辞泉の解説

しな‐だま【品玉】

いくつもの玉や小刀などを空中に投げ上げては巧みに受け止める曲芸。たまとり。
手品

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しなだま【品玉】

手玉や短刀などを空中に投げ上げて,これを巧みに受け止める曲芸の一。中国古代の雑戯または百戯の一種で,〈弄玉〉〈飛丸〉〈跳剣〉などともいわれた。日本には散楽のなかの一曲として伝えられ,その姿は正倉院弾弓漆絵や《信西古楽図》などにみられる。837年(承和4),天皇がこれをみた記録があり(《続日本後紀》),861年(貞観3)には相撲節会の散楽にこれを演じた記録がある(《三代実録》)。平安末期から民間でも田楽の芸として演じられ,《梁塵秘抄》の〈かたなとり〉というのもこの芸と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しなだま【品玉】

玉や刀などの小道具を手玉に取るなどしてもてあそぶ曲芸。たまとり。弄丸ろうがん。刀玉。
手品。また、人の目をごまかすこと。 「此中このじゆうおれは虱で-をとるが/咄本・機嫌袋」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

品玉
しなだま

曲芸の一種で、いろいろの品物をいくつも投げ上げては受け取るもの。弄玉(ろうぎょく)ともいう。『信西古楽図(しんぜいこがくず)』にもみえる散楽雑伎(さんがくざつぎ)の一種。石や茶碗(ちゃわん)、小さいものでは豆の類まで、多くの品物を投げ上げて手玉にとるもの。本来は1人で行うものであったが、のちには2人あるいはそれ以上でも演ずるようになり、刀をやりとりするのは「刀玉(かたなだま)」とも称された。猿楽(さるがく)、田楽(でんがく)を経て江戸期には大道芸から見せ物に入り、太神楽(だいかぐら)の演芸に含まれて今日寄席(よせ)芸としてみることができる。子供のお手玉遊びもここから発している。[織田紘二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

品玉の関連キーワード新猿楽記機巧図彙品玉使い品玉師玉取り綱渡り白化け太神楽弄丸放下小刀手玉奇術咄本手鞠まり浅草軽業猿楽刀玉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android