コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐物屋 カラモノヤ

5件 の用語解説(唐物屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

からもの‐や【唐物屋】

中国からの輸入品を売買していた店や商人。とうぶつや。
「江戸市中の―は外国品を売買して」〈福沢福翁自伝
古道具屋

とうぶつ‐や〔タウブツ‐〕【唐物屋】

唐物を売る店。洋品店。
「―には毛糸、シャツ、ズボン下などが山のように並べられてある」〈花袋田舎教師

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

からものや【唐物屋】

江戸時代、唐物を売買した店。また、その商人。とうぶつや。
古道具屋。

とうぶつや【唐物屋】

唐物を売る店。舶来の品を売る店。洋品店。 「襯衣シヤツを買ひに大きな-へ入つた/三四郎 漱石

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐物屋
とうぶつや

唐物を売買する商人の店。唐物は古代の9世紀に中国から舶載した品物のことで、10世紀からは「からもの」といった。17世紀にできた唐物屋は、長崎で取引する西洋や東洋の品物、たとえば道具類、香料、革、紙、薬、墨、筆などを扱った。18世紀には古道具屋の別名ともなったが、そうした異国の品物も扱っていたことは十分考えられる。そのころの大坂の唐高麗物屋(からこまものや)も唐物屋のことであった。「異国新渡奇品珍物類」という看板を掲げた店先でエレキテル治療をし、またコップやフラスコのガラス製品・花瓶などの中国陶磁器も商った。19世紀後半からは、西洋小間物店ともいうように、欧米各国の服飾品、衣料、帽子、化粧品、洋酒、手提げ鞄(かばん)などを扱うようになった。20世紀からは、洋酒類を除いたものを扱い、洋品店という言い方に変わった。[遠藤元男]
『仲田定之助著『明治商賣往来』(1968・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐物屋の関連キーワードダンピング関税柄鏡シーリング方式トレーダー闇取引輸入税輸入品輸入港輸入予約関税割当て(制度)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐物屋の関連情報