何時も(読み)イツモ

デジタル大辞泉「何時も」の解説

いつ‐も【何時も】

[名]普通の場合。ふだん。平生。「何時もは歩いて通学している」「何時ものとおり」
[副]いつと限定しないさま。どんな場合でも。に。「何時も威勢がいい」
[用法]いつも・つねに――「いつも(常に)机に向かっている」「いつも(常に)笑顔えがおを絶やさない」の場合には通じて用いるが、「いつも」は「いつもの所で会う」のように、それまでと同じ、の味でも使われる。◇「常に」は堅い言い方で、「三角形の内角の和は常に二直角である」のように普遍的真理を表したり、「常に努力を怠ってはならない」のような言い回しに用いたりする。◇また、類似の語に「しょっちゅう」「しじゅう」があり、「しょっちゅう(しじゅう)忘れ物をする」のように用いられる。ともに、頻繁に行われる意であるが、「いつも」や「常に」を使うと、ほとんど例外なく、必ずといってよいほど、の意になる。
[類語]不断日頃ひごろ常日頃つねひごろ常常平生へいぜい平素日常平常通常常時常住行住座臥ぎょうじゅうざが常に絶えず終始始終ずっと日夜夜昼絶え間ない明け暮れ明けても暮れても寝ても覚めても朝な夕な昼夜をおかず昼夜を分かたず夜を日に継ぐ絶え間ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「何時も」の解説

いつ‐も【何時も】

[1] 〘〙 (代名詞「いつ」に助詞「も」が付いてできた語) いつであっても。どんな時でも。常に。毎度
万葉(8C後)四・七三〇「逢はむ夜は何時(いつも)あらむを何すとかその宵会て言の繁きも」
源氏(1001‐14頃)賢木「の別れはいつも露けきをこは世に知らぬ秋の空かな」
[2] 〘名〙 普通の場合。ふだん。平生。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)蒯伍江息第一五「いつもの出立で御目にかからうと云ぞ」
※天草本伊曾保(1593)貪欲な者の事「itçumono(イツモノ) ゴトク イテ ミレバ」

いつ‐で‐も【何時も】

〘副〙 (代名詞「いつ」に格助詞「で」と係助詞「も」の付いてできたもの) どんなときでも。常に。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「お前は毎度(イツデモ)母さんにをこしらへてお貰ひか」

いっつ‐も【何時も】

〘副〙 「いつも(何時━)」を強めた言い方。
※寛永刊本江湖集鈔(1633)一「いっつもきっかとしてあるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android