コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条頼基 しじょうよりもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四条頼基
しじょうよりもと

[生]寛喜2(1230)
[没]正安2(1300)
鎌倉時代の名越一門江馬時光の重臣日蓮に深く帰依し,晩年は身延山近くに隠棲した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条頼基 しじょう-よりもと

1229-1296 鎌倉時代の武士。
寛喜(かんぎ)元年生まれ。北条一門の名越(なごえ)光時につかえる。日蓮に帰依(きえ)し,鎌倉における教団の中心的存在として活躍。日蓮からの書状もおおく,日蓮の著「開目鈔」も頼基を通じて門下にしめされた。医の心得があり,晩年の日蓮を看護。永仁(えいにん)4年3月15日死去。68歳。通称は中務三郎左衛門,金吾。法名は日頼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

四条頼基

生年:生没年不詳
鎌倉後期の武士。頼員の子で四条金吾と称して日蓮に深く帰依し,法名は日頼。文永8(1271)年日蓮が斬首されようとした竜の口の法難ではともに殉じようとしたと伝えられる。日蓮の書状の多くが頼基に宛てられており,日蓮著『開目抄』も頼基を通じて示された。医術に心得があり,主人の名越光時の病を治して勘当を解かれ,日蓮の病の看護にも当たった。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

四条頼基の関連キーワード鎌倉時代正安

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android