因業(読み)いんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因業
いんごう

仏教用語。原因と,間接的原である行為 () とをいう。また,結果をもたらす原因としての業をもいう。一般には,頑固で無情なことを意味する語として用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐ごう〔‐ゴフ〕【因業】

[名・形動]
仏語。何らかの結果を生む原因になる行為。また、因と業。
《前世の悪業が原因で招いた性格や運命の意から》
㋐頑固で思いやりのないこと。また、そのさま。「因業なやり方で借金を取り立てる」
㋑宿命的に不幸なこと。また、そのさま。
「―な生れだなあ」〈有島或る女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんごう【因業】

[1] ( 名 )
〘仏〙 因と業。
[3][0] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔前世の悪業が原因となって招いたことの意〕
頑固で物わかりの悪いさま。また、人に対する仕打ちが情け容赦もなくひどいさま。 「 -な仕打ち」 「 -者」
宿命的に不幸なさま。 「 -な生まれ」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因業
いんごう

(ごう)はサンスクリット語のカルマkarmaの訳で、行為一般をさす。インド、とくに仏教は、つねに行為を重視して、その分析が鋭い。行為において原因があり結果を生ずると、その結果はただちに次の行為に作用し影響を及ぼし、ときに原因となる現実のあり方を説いて、前の行為を「業因」または「因業」とよんだ。それを日本の中世以降は、悪い行為や結果の場合のみをとくに強調して、俗に強情で頑固な態度を因業と称するようになった。[三枝充悳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android