コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国土調査法 こくどちょうさほう

3件 の用語解説(国土調査法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国土調査法
こくどちょうさほう

国土の実態を科学的,総合的に調査することを目的として制定された法律 (昭和 26年法律 180号) 。そのねらいは国土の開発,保全,利用の高度化と地籍の明確化をはかることにある。調査事項は,国または都道府県が行う基本調査としての土地および水面の測量,そのための基準点測量や調査基準の設定とその結果の地図作成を含む土地分類調査,水調査,地方公共団体土地改良区などが行うところの所有地区 (すなわち1筆ごとの土地) についての調査と,境界と地積 (土地の面積) の測量などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国土調査法【こくどちょうさほう】

国土の実態を科学的・総合的に調査して,開発・利用・保全に資するための法律(1951年)。日本ではこの法律によって初めて近代的な地籍調査,土地分類調査,水調査,およびこれらに伴う基本調査が行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくどちょうさほう【国土調査法】

国土の開発および保全ならびにその利用の高度化に資するとともに,あわせて地籍の明確化を図るため,国土の実態を科学的かつ総合的に調査することを目的とする法律(1951公布)。この法律によって行われる国土調査には次の4種類がある(2条)。(1)土地分類調査 土地をその利用の可能性により分類する目的をもって行う。土地の利用現況,土性等の土壌の物理的・化学的性質,浸食状況その他の自然的要素ならびにその生産力に関する調査。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国土調査法の関連キーワード国土総合開発法学際鑑識査閲調査追跡調査覆面調査国土形成計画法陰膳方式調査モラールサーベイ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国土調査法の関連情報