コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国画 コクガ

デジタル大辞泉の解説

こく‐が〔‐グワ〕【国画】

日本画。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくが【国画 Guó huà】

19世紀から20世紀初めにかけて中国にもたらされた西洋画に対して,筆墨,紙絹,顔料,落款,印章等を用いた中国本来の絵画をいう。東洋画の特質には平面本位の絵画観,描線主義の絵画観,立体感表現に用いる明暗法と厚薄法,般若の空と老荘の無の思想を基盤にした空間処理法,多視点による遠近法等があり,これらを踏まえて東晋より唐・宋・元・明・清の各時代に北宗画(ほくしゆうが)と南宗画(なんしゆうが)が相関的に発展する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくが【国画】

日本画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国画の関連キーワード村上華岳・村上華嶽野長瀬 晩花稲垣 仲静入江 波光金子九平次森谷南人子岡本宇太郎岡村宇太郎梅原竜三郎高木保之助野長瀬晩花粥川伸二大橋孝吉榊原紫峰稲垣仲静松岡映丘石川晴彦橋本秀邦藤田吉香村上華岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android