コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国維会 こくいかい

世界大百科事典 第2版の解説

こくいかい【国維会】

1932年1月金鶏学院安岡正篤が中心となり,近衛文麿,吉田茂(内務官僚),後藤文夫酒井忠正岡部長景松本学,荒木貞夫らの華族・官僚・軍人を発起人として設立された〈日本精神〉による国政革新をめざす団体。満州事変後の情勢を〈我国近来の内憂外患は其の重大深刻なる殆ど有史以来未曾有〉ととらえ,その打開のため,人材の糾合と国政革新計画の樹立をめざした。斎藤実内閣の農相に後藤がなり,農山漁村経済更生運動を指導したのをはじめ,次の岡田啓介内閣でも後藤,河田烈らの会員が入閣。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国維会
こくいかい

1932年(昭和7)1月、金鶏(きんけい)学院の安岡正篤(やすおかまさひろ)の後援者を中心に組織され、日本精神による国家革新を目ざした「新官僚」集団。後藤文夫、吉田茂(後の首相とは別人)、松本学(がく)、香坂昌康(こうさかまさやす)らの内務官僚が活動の中心となった。同会は「日本精神に依(よ)って、内、政教の維新を図り、外、善隣の誼(よしみ)を修め、以(もっ)て真個の国際昭和を実現せん」(設立趣旨)として、各種革新計画を論議、立案した。その実現手段として、各方面の人材を結集しあらゆる国家機関、諸生産機関の各主要部を占めることとし、斎藤実(まこと)内閣の農相に会員の後藤を、岡田啓介(けいすけ)内閣の内相に同じく後藤、同書記官長に河田烈(かわたいさお)を送り込んだ。
 このため国維会は「新官僚の母胎」「政界の黒幕」といったうわさをたてられたため、こうした世論を避けるためか、34年12月解散した。同会は官僚機構を通じて体制のファシズム化を推進し、国民統合展開の役割を担った。会報として『国維』を発行。[榎本勝巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国維会の関連キーワード安岡正篤(やすおかまさひろ)吉田茂(2)香坂 昌康酒井 忠正安岡 正篤香坂昌康松本 学河田 烈吉田 茂行地社新官僚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android