国防婦人会(読み)コクボウフジンカイ

世界大百科事典 第2版の解説

こくぼうふじんかい【国防婦人会】

正称を大日本国防婦人会といい,満州事変後,銃後の固めを急ぐ軍部の指導でつくられた軍国主義的婦人団体。地方,農村から組織化が始まり,1932年10月に全国組織の発会式をあげた。会の幹部には陸海軍大臣など現役将官夫人が就任し,軍部の勢力を背景として家庭婦人,労働婦人を急速に組織し,結成当時50万の会員は41年度には公称1000万に達した。その事業として,出征兵士の慰問や家族の援助などの軍事援護のほかに,〈日本婦徳〉の鼓吹を掲げ,一般女性の精神強化に尽力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こくぼう‐ふじんかい コクバウフジンクヮイ【国防婦人会】

昭和七年(一九三二)大阪で結成された軍国主義的婦人団体。同年末、大日本国防婦人会として全国組織に発展。出征兵士の送迎、傷病兵・遺骨の出迎えなどを行なった。同一七年愛国婦人会、大日本連合婦人会とともに大日本婦人会に統合された。
※のんきな風景(1940)〈石田一松〉「愛国婦人会と、国防婦人会と云ふ二つの会が存在して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国防婦人会の言及

【愛国婦人会】より

…05年には会員数46万人に達した。第1次大戦後には種々の社会事業にも着手し,満州事変後は婦人報国運動を提唱したが,貴族主義的性格を不満とする軍部の指導で32年に設立された国防婦人会と対抗しつつ,戦時体制づくりに積極的に協力した。42年大日本婦人会に統合された。…

※「国防婦人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国防婦人会の関連情報