コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛国婦人会 あいこくふじんかい

6件 の用語解説(愛国婦人会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛国婦人会
あいこくふじんかい

1901年2月 24日奥村五百子らによって創設された婦人団体。華族夫人が中心になり,兵士,その家族の救援活動を行なった。最盛期の会員数 300万人以上。 42年大日本婦人会に統合された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あいこく‐ふじんかい〔‐フジンクワイ〕【愛国婦人会】

明治34年(1901)、奥村五百子(おくむらいおこ)の創設した婦人団体。戦死者の遺族や傷痍(しょうい)軍人の救護を主な目的とした。昭和17年(1942)大日本婦人会に統合。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

愛国婦人会【あいこくふじんかい】

近代日本の軍事援護事業を目的とした婦人団体。北清事変従軍の奥村五百子が主唱し,傷病兵・遺族の援護を目的に1901年設立。趣意書は下田歌子が起草。上流婦人を中心として軍国主義化の波に乗り,1905年会員は50万人近くに膨張。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいこくふじんかい【愛国婦人会】

兵士の慰問,遺族救護の目的で,1901年に創立された婦人団体。北清事変の際,慰問使として従軍した奥村五百子が主唱し,皇妃を総裁に,軍部や内務省後押しされて上流婦人を組織した。創立趣意書は下田歌子が起草。機関誌《愛国婦人》を発行し,〈半衿一かけを節約して愛国婦人に〉と呼びかけ,日露戦争中に一般女性にまで組織を拡張,慰問袋作り,兵士送迎などに女性を動員した。05年には会員数46万人に達した。第1次大戦後には種々の社会事業にも着手し,満州事変後は婦人報国運動を提唱したが,貴族主義的性格を不満とする軍部の指導で32年に設立された国防婦人会と対抗しつつ,戦時体制づくりに積極的に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいこくふじんかい【愛国婦人会】

出征軍人や傷病兵の慰問、軍人遺家族の援護などを目的として、1901年(明治34)に奥村五百子いおこが創設した婦人団体。42年(昭和17)大日本婦人会に統合された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛国婦人会
あいこくふじんかい

戦前の軍事後援を目的とする婦人団体。1901年(明治34)2月24日奥村五百子(いおこ)により設立された(発会式は3月2日)。動機は、奥村が前年義和団(ぎわだん)事件(北清(ほくしん)事変)の戦地を視察したとき、兵士に後顧の憂いをもたせてはいけないと感得したことにある。当初、戦死者の遺族と重傷痍(じゅうしょうい)軍人の救護を目的とし、婦人が半衿(はんえり)一掛を節約して会費を出し合い、それを弔慰金として寄贈することを主事業とした。皇族や名流華族夫人を総裁、会長にいただき、東京に本部を、道府県に支部を置き、1902年機関誌『愛国婦人』を発行、日露戦時の1905年には46万余の会員を数えた。第一次世界大戦後には、児童健康相談、婦人職業紹介などの社会事業にも着手。満州事変勃発(ぼっぱつ)(1931)後、軍部のつくった大日本国防婦人会に対抗して婦人報国運動をおこし、地久節(ちきゅうせつ)(皇后誕生日)奉仕や愛国貯金運動を行った。1942年(昭和17)2月2日大日本婦人会に統合された(統合時の会員は約400万人)。[阿部恒久]
『飛鋪秀一著『愛国婦人会四十年史』(1941・愛国婦人会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の愛国婦人会の言及

【奥村五百子】より

…愛国婦人会の創立者。肥前国唐津生れ。…

【下田歌子】より

…1901年以降,この学校では清国女子留学生も受け入れた。01年愛国婦人会設立に参加,17年処女会中央部理事,20年愛国婦人会会長に就任,女性の国家的自覚をたかめる社会教育活動にも活躍した。【千野 陽一】。…

【女性運動】より

… 昭和のファシズムと第2次大戦は,女性運動をつぶしまた変質させていった。明治時代の1901年に誕生した〈愛国婦人会〉,昭和に入り,31年結成の〈大日本連合婦人会〉,32年結成の〈大日本国防婦人会(国防婦人会)〉に家庭女性は組織され,これらの3団体が中心になり,1942年には〈大日本婦人会〉が発足した。これには20歳以上の女性全体が組織され,戦時中の翼賛政治を支える力になった。…

【婦人会】より

…86年にはキリスト教系の東京婦人矯風会が結成され,93年にはキリスト教系の婦人団体の全国組織である日本基督教婦人矯風会(婦人矯風会)が誕生した。また1901年,北清事変をきっかけに兵士の慰問,遺族の救護を目的とした愛国婦人会が奥村五百子の主唱によって組織された。一方,明治末より義務教育の普及にともない,小学校区を単位とする地域婦人会がつくられ,1930年にはその全国組織として文部省所管の大日本連合婦人会がつくられた。…

※「愛国婦人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛国婦人会の関連キーワード日本遺族会慰問隊長インディアナ兵士水兵記念塔アスカリ記念碑エトキシキン放射線照射石黒久賀子遺族会《兵士の行進曲》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛国婦人会の関連情報