コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際労働組合連合 こくさいろうどうくみあいれんごうWorld Confederation of Labor; WCL

3件 の用語解説(国際労働組合連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際労働組合連合
こくさいろうどうくみあいれんごう
World Confederation of Labor; WCL

カトリック労働組合ともいう。キリスト教労働組合国際組織キリスト教教理の原則に立つが宗教的団体ではなく,平和的な団体交渉労働協約によって労働条件,生活条件の改善をはかり,労働者階級の経済的・社会的利益を保護,増進することを目的とした職業別,産業別組合の連合組織。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際労働組合連合
こくさいろうどうくみあいれんごう
World Confederation of Labour

世界労働組合連盟(世界労連WFTU)、国際自由労連ICFTU)に次ぐ第三の国際的労働組合中央組織。略称WCL国際労連。1920年に国際キリスト教労働組合連合として結成。1968年10月の第16回大会で再組織され、名称変更した。各国キリスト教系労働組合の連合体として出発し、国際労働組合運動における最右翼の潮流を形成した。しかし、再組織後、信仰にかかわりなく個人の尊厳を擁護する方針を掲げ、開発途上国の労働者の権利向上にとくに力を入れた。1990年代には、アフリカなどの第三世界諸国や中・東欧諸国の労働組合が加盟した。ICFTUと緊密な協力関係を維持し、ときにはWFTUやその加盟組織の呼びかけにも応じていた。ベルギーブリュッセルに本部があった。
 2006年10月、国際労働組合総連合International Trade Union Confederation(略称ITUC)の結成に先立って解散し、ITUCに合流した。[五十嵐仁・鈴木 玲]
『法政大学大原社会問題研究所編『日本労働年鑑 第69集』(1999・旬報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国際労働組合連合の言及

【国際労連】より

…国際労働組合連合World Confederation of Labour(WCL)の略称。ブリュッセルに本部をおく,もとはキリスト教系の国際労働組合組織。…

※「国際労働組合連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone