コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井辰雄 どいたつお

6件 の用語解説(土井辰雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土井辰雄
どいたつお

[生]1892.12.22. 仙台
[没]1970.2.21. 東京
カトリックの聖職者,東京大司教,日本最初の枢機卿第二高等学校を経てローマの教皇庁立プロパガンダ大学に哲学,神学を学ぶ。 1920年帰国,21年司祭となり,一関,気仙沼,若松で伝道に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どい‐たつお〔どゐたつを〕【土井辰雄】

[1892~1970]カトリック司祭。宮城の生まれ。駐日教皇使節秘書をへて東京大司教。日本人初の枢機卿(すうききょう)となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土井辰雄【どいたつお】

ローマ・カトリック教会の枢機卿,東京大司教。仙台市出身。旧制二高卒後,ローマに留学。帰国後は司祭として東北地方の教会で働き,戦争中はカトリック教会を統合して日本天主公教団と称し,軍部から信徒を守った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井辰雄 どい-たつお

1892-1970 大正-昭和時代のカトリック指導者。
明治25年12月22日生まれ。二高を卒業後,ローマのウルバノ大に留学して哲学と神学をおさめる。大正10年司祭。駐日教皇使節の秘書をへて,昭和13年東京大司教。35年日本人初の枢機卿(すうききょう)となる。昭和45年2月21日死去。77歳。宮城県出身。洗礼名はペトロ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どいたつお【土井辰雄】

1892~1970) カトリック教会指導者。仙台生まれ。東北各地で司牧ののち、駐日教皇使節秘書・東京大司教を歴任。日本人で初めて枢機卿となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土井辰雄
どいたつお
(1892―1970)

カトリック指導者。洗礼名ペトロ。仙台市出身。1920年(大正9)ローマ・ウルバノ大学卒業。21年カトリック司祭になる。21年から33年(昭和8)まで東北地方の諸教会で司牧(しぼく)にあたった。33年から4年間、駐日教皇使節マレラ大司教の秘書を務め、37年に東京大司教に任命された。60年(昭和35)に日本人として最初の枢機卿(すうききょう)にあげられた。日本カトリック司教協議会初代会長。軍国主義の嵐(あらし)吹きすさぶ時代、カトリック教会も風前のともしびであったが、謙譲で温厚篤実な人柄のなかにも東北人特有の粘り強さと賢明な指導で、カトリック教会を救ったといわれる。[越前喜六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土井辰雄の関連キーワードカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件イタリア映画大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史神の下の国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone