コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下式横穴 ちかしきよこあな

4件 の用語解説(地下式横穴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地下式横穴
ちかしきよこあな

平坦地の地表から垂直に径 1m,深さ 3mぐらいの穴を掘下げ,そこから横に玄室を造った墓室。玄室は家形をしているものが多い。出土遺物には,甲冑,直刀,鉄鏃,馬具などがあり,5世紀にさかのぼるものもあるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちかしき‐よこあな【地下式横穴】

古代墳墓の一。地面から垂直に掘りおろした底から横方向に掘って玄室を造ったもの。南九州の5~6世紀のものが有名。地下式土壙(どこう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地下式横穴【ちかしきよこあな】

古墳時代中〜後期に造られた墳墓で,地下式坑とも。平たん地に垂直な竪穴(たてあな)を掘り,底部から家形の横穴を掘って木棺,石棺を納めたもの。地上には施設がないのが普通である。
→関連項目横穴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下式横穴
ちかしきよこあな

台地上の平坦(へいたん)地に直径1メートル、深さ3メートルほどの竪(たて)坑を垂直に掘り、その底面からさらに横に奥行3メートル前後、高さ130センチメートル前後の玄室を掘り込んだ横穴墓。玄室の天井は寄棟(よせむね)造や切妻(きりづま)造の屋根形を呈するものが多く、中に棺を置く。一般に地表にはなんらの標識ももたないが、円墳の封土下に地下式横穴がつくられることもある。宮崎県六野原10号横穴では眉庇付冑(まびさしつきかぶと)、短甲(たんこう)、獣形鏡、管玉(くだたま)、刀剣、鉄鏃(てつぞく)、鍬先(くわさき)、馬具、土師器(はじき)など多彩な副葬品がみられ、この種の横穴が5世紀代までさかのぼることがわかるが、多くのものは古墳時代後期に属し副葬品も少ない。宮崎県中部以南から鹿児島県にかけて濃密に分布するが、他の地域にもみられる。熊本県球磨(くま)地方から鹿児島県北部にかけて分布する地下式板石積(いたいしづみ)石室墓や、薩摩(さつま)半島南端部の立石土壙(たていしどこう)墓とともに九州南部の三つの特徴ある墓制の一つで、古文献にみえる「隼人(はやと)」の墓と推測する説もある。同じ構造のものが中世にもみられる。[久保哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地下式横穴の言及

【墳墓】より

…遺体あるいはそれを納めた棺は,そのまま床下,屋外,野外,洞窟,岩陰などに土葬することもある。また,崖や斜面にうがった横穴(よこあな)やそれに続く墓室(中国後漢代の崖墓(がいぼ),日本古墳時代の横穴),垂直に掘り下げてから水平方向に掘った横穴(南ロシア青銅器時代の地下式横穴墓,宮崎・鹿児島県の地下式横穴),地下の坑道の壁面にうがった横穴(ローマの初期キリスト教徒の墓所であるカタコンベ)に納めることもある。石,塼(せん),木などで構築した墓室内に棺を納めることも多い(石室塼室墓)。…

【横穴】より

…副葬品は横穴式石室のそれと共通するものが多く,単純に石室を構築したものより低い階層の産物とはいえない場合も少なくない。 なお,九州南部の日向・大隅地方には,地下式横穴と呼ばれる地方色豊かな古墳が分布する。地表面より深さ2m前後の竪穴を掘り,その底から横向きに羨道と玄室とを営んだもので,天井部を屋根形やドーム形に成形し,羨道や竪穴の入口部を石や粘土で閉塞する。…

※「地下式横穴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地下式横穴の関連情報