コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地中送電 ちちゅうそうでん

百科事典マイペディアの解説

地中送電【ちちゅうそうでん】

地下に埋設した電力ケーブルによる送電方式。故障が少なく信頼性があり,都市の美観の点でも有利であるが,建設費や修理費が高い。欧米の市街地では広く用いられているが,日本では東京・大阪などの大都市周辺の変電所間で採用されている程度。
→関連項目送電線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちちゅうそうでん【地中送電 underground power transmission】

地中に埋設した送電線で電力を送ること。架空送電線に対し地中送電線が使用されるのは,安全,地域環境との調和,経済性などの面から総合的に優れているか,架空線の施設が法規上の制限,用地上の制約,関係官庁の指示,需要家との契約,協定上の制約などの理由によりできない場合であるが,地中送電線は多回線を同一ルートに敷設でき,暴風雨,雷などの天候および周辺の火災などの影響を受けず安全性が高いなどの利点がある。地中送電線路は気中終端接続部を除けば電気的に露出した絶縁は使用されず,耐用年数として想定された期間(一般に40年)は使用電圧,異常電圧など系統に生ずる電圧では破壊しない絶縁が必要であり,主としてCVケーブル,OFケーブルが,またとくに大電流を必要とする場合はSF6ガスを絶縁物とする管路気中ケーブルが使われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地中送電の言及

【送電】より

…すなわち離隔距離(気中ギャップ)を決める開閉サージと碍子個数を決める汚損が,送電線の大きさを決める主要因になっている。
[架空送電と地中送電]
 送電線路には大気を絶縁に利用している架空送電と,それ以外の絶縁材料を用い通常地下に敷設される地中送電に大別される。架空送電は簡素堅牢な構造をもち,地中送電に比べてはるかに経済的であるため,都市中心部など架空の採用が困難な場合以外は架空が用いられている。…

※「地中送電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地中送電の関連キーワード東京電設サービス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地中送電の関連情報