コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地動儀 ちどうぎ dì dòng yí

2件 の用語解説(地動儀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちどうぎ【地動儀 dì dòng yí】

正しくは候風地動儀といい,中国の後漢の張衡が132年(陽嘉1)に考案した世界最古の地震計。銅製で,外形は酒がめに似ており,直径は8尺(1尺=23cm),8方向に突起した竜口は球をくわえ,地震が起きると起こった方向にあたる球がその下で口を開けて上を向いたヒキガエル(蟾蜍)の口のなかに落ち,大きな音を発するようになっていた。内部は8方向に向かうクランクと掛外しの装置があり,中心の倒立振子の変位を伝える仕組みになっていたとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地動儀
ちどうぎ

原始的な地震計。世界最古のものは132年に中国、後漢(ごかん)の文人、科学者張衡(ちょうこう)がつくったとされるが、現物は残っておらず、詳細はわかっていない。八つの方位に向いた8頭の竜が、それぞれの口に球をくわえ、地震がくるとその方向の球がはじき出されて、下にいるカエルの口に落ちる仕掛けで、地震のあった方向を示したという。しかし現代の地震学の知識からいえば、球が落ちた方向に震源があるわけではないことが多い。これは地震には縦揺れや横揺れがあり、横揺れのほうが振幅が大きなことが多いほか、地下構造の影響で地震波が震源から観測地点まで、まっすぐ入射しないことが多いためである。そのほかいろいろな仕組みのものが考案されたが、いずれも地面の動きを正確に記録する計器とはなりえず、地震の有無を知るだけの感震器にすぎなかった。19世紀には近代的な地震計にとってかわられた。[島村英紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地動儀の関連キーワード後漢書寿陵蜀漢張衡五里霧中三略斉眉大尉白虎通義臨池

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone