コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質柱状図 ちしつちゅうじょうずgeologic columnar section

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地質柱状図
ちしつちゅうじょうず
geologic columnar section

単に柱状図ともいう。ある地域に分布する地層の堆積した順序,相互関係,厚さ,岩相,化石などの含有物,鍵層,地層区分などを,模様や記号によって縦に細長い柱状に表わしたもので,地質断面図の一種。ある基準をもって,何本かの地質柱状図を横に配列すると,地層の対比,分布,層序関係,層厚や岩相の横の変化,地質構造,断層や不整合の大きさなどを表わすことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちしつ‐ちゅうじょうず〔‐チユウジヤウヅ〕【地質柱状図】

ある地域の地層の層序・岩質・厚さ・含有化石などを柱状に示した図。地層の対比などに利用。柱状図。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地質柱状図
ちしつちゅうじょうず

地層の重なり方(層序関係)を表現するためにくふうされた帯状ないし長柱状の図面。各地層の真の厚さに応じた縮尺で、岩相を示す模様や色をつけ、下位から順に積み重ねて描く。ボーリング柱状図はコア(岩芯(がんしん))の長さに応じて描かれるから、かならずしも真の層厚を示さない。横に岩相の詳細や産出化石などを付記したり、岩石の風化に対する抵抗性に応じた凹凸をつけたりすることもある。一つの露頭で層序を示したものを露頭柱状図という。ある特定の層準を水平にとり、各個柱状図を並べて鍵(かぎ)層を線で結び、層厚や岩相の変化を示すことも多い。その地域全体の層序を1本の柱状図にしたものを総合柱状図、まとめて概念的に示したものを模式柱状図という。[岩松 暉・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地質柱状図の言及

【地質図】より

…同時に,説明書,報告書,論文などによって,詳細な説明がなされることが多い。説明にあたっては,ふつう地質柱状図が用いられ,目的に応じて,層序断面図,構造等高線図,等層厚線図などが用いられる。地質柱状図は,地層や岩石などの単位の年代的前後関係や累重関係,化石や火山灰(凝灰岩)などの層準を,新しいものほど上に縮尺を添えて簡明に長柱状に示したものである。…

※「地質柱状図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地質柱状図の関連キーワード踏査図

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android