コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂ヶ島 どうがしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堂ヶ島
どうがしま

静岡県東部,伊豆半島西海岸,西伊豆町の地区。海食による天窓洞 (天然記念物) をはじめ,三四郎亀島蛇島など大小島々奇岩に富み,俗に伊豆の松島といわれ,落日が美しい。 1962年には温泉が湧き,民宿が増加,洋らんセンターなどの施設もあり,西伊豆の観光拠点となっている。名勝伊豆西南海岸の代表的景勝地で,付近は富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうがしま〔ダウがしま〕【堂ヶ島】

静岡県、伊豆半島西岸の西伊豆町の景勝地。海食を受けた島々や断崖海食洞などがみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

堂ヶ島【どうがしま】

西伊豆[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうがしま【堂ヶ島】

伊豆半島の西岸,静岡県賀茂郡西伊豆町の海岸。1937年に伊豆西南海岸として名勝に指定され,55年富士箱根伊豆国立公園に編入された。新第三系の白色砂質凝灰岩からなり,蛇島や稗三升(ひえさんじよう)島などの島々や奇岩,干潮時に島が陸続きになるトンボロ海食崖の割れ目に発達した海食洞,海食洞の上部が断層によって開口している天窓(てんそう)洞(天)などの多様な海岸地形がみられ,遊覧船で観察することができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堂ヶ島
どうがしま

静岡県東部、賀茂(かも)郡西伊豆町にある海岸。伊豆半島西海岸観光の拠点となっている。一帯は白浜層群の白色砂質凝灰岩からなり、波食による海岸地形の風景美をもつ。蛇島、亀(かめ)島などの小島、三四郎島のトンボロ(陸繋(りくけい)砂州)地形、堂ヶ島の海食崖(がい)と天窓洞(てんそうどう)の海食洞など多彩で、1935年(昭和10)国の天然記念物に指定された天窓洞は、海食洞の天井が落ちて天窓を開けた形になったものである。1937年には堂ヶ島から南方が伊豆西南海岸として国の名勝となり、富士箱根伊豆国立公園の一部でもある。1962年(昭和37)温泉の開発、1970年洋ランセンター(現、らんの里堂ヶ島)の開設など観光施設も増加した。観光船による海岸景観の遊覧ができる。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

堂ヶ島の関連キーワード静岡県賀茂郡西伊豆町仁科早川(神奈川県)西伊豆(町)西伊豆[町]箱根温泉郷堂ヶ島海岸堂ヶ島温泉箱根七湯波勝岬仁科早川

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android