コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化カルボニル えんかカルボニル

3件 の用語解説(塩化カルボニルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

塩化カルボニル【えんかカルボニル】

化学式はCOCl2。ホスゲンとも。乾草のにおいをもつ無色(市販品は淡黄色)の気体。融点−128℃,沸点8℃。第1次大戦中窒息性の毒ガスとして用いられた。ポリウレタン系の合成ゴムや合成樹脂,染料などの製造原料として重要。
→関連項目ポリカーボネート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんかカルボニル【塩化カルボニル carbonyl chloride】

化学式COCl2ホスゲンphosgeneともいう。無色で,かびた乾草様の臭気がある猛毒の気体。1812年イギリスデービーJohn Davy(有名なHumphry Davyの弟)が初めて合成。このとき一酸化炭素塩素ガス太陽光によって反応させたことから,ギリシア語のphōs(光)とgenēs(つくられた)にちなみphosgeneと命名した。活性炭,木炭などを触媒として一酸化炭素と塩素ガス(150℃付近)あるいは塩化ニトロシルNOClと反応させると得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化カルボニル
えんかカルボニル

ホスゲン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化カルボニルの関連キーワード式量ホスゲンホスホン酸亜燐酸フォスゲンジホスゲンすげ・む草津高原ユースホステル三桝源之助(2代)ウレイン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone